報告の最近の記事

【縄文時代にタイムトラベルしてきました♪】

こんにちは!はっちスタッフちーぼーです!
さて、先日のゴールデンウィークに開催されました、1日限りの縄文テーマパーク「是川時空探検祭!」の様子をお届けします。

20160511-01.jpg
 場所は是川縄文館!当日は、縄文人に会える演劇や即席音楽会、草木染めなど、縄文文化への親しみが増すような参加型のプログラムが満載で、まさに縄文時代にタイムトラベル!

20160511-02.jpg
縄文劇場:縄文クイズが盛り込まれた演劇で、みんな縄文文化に詳しくなりました!

20160511-03.jpg
縄文文様で草木染め:縄で模様をつけ、縄文時代からある桜とヨモギで染めました。みんな素敵な模様です!

20160511-04.jpg
なりきり撮影会:縄文人になりきってみんなでハイチーズ!

20160511-06.jpg
縄文ビート!:枝や切り株を使って即席の音楽会開催。大人もこどももみんなで踊りました!

またはっちからバスで出発するお楽しみパックツアーも開催しました♪こちらは実際に石器で肉を切って食べる体験付き!土器でグツグツ煮た縄文鍋に参加者のみなさんも大喜びでした。味ももちろん美味でした~!
20160511-07.jpg

こどもも大人も一緒になって、野外での非日常体験を楽しみました♪縄文文化に興味を持ってもらえたようです!みんなとてもいい表情ですね!
今回企画を考えてくださったアーティストのYORIKOさんのホームページにも当日の様子が紹介されています。是非ご覧下さい!
YORIKOホームページ→http://newmor.net/cn72/corner72/pg594.html

はっちスタッフのヤナPです。本日は、はっちのお向かい、屋台村方式の全国的成功事例となっている「みろく横丁」が4月21日リニューアルオープンしたニュースをお伝えいたします。

東北新幹線八戸駅開業を機に、新幹線開業行事に関わった5人の社長が、一過性のイベントで終わるのでは無い開業記念事業を行いたい、と出資しあって2003年にスタートしたのが、この「みろく横丁」です。帯広市「北の屋台」を参考にしながら、八戸独自のコンセプトを用意、様々な取組みを重ねてきたこちらの横丁。起業家育成の場であり、地産地消の食の拠点でもあり、今回で5回目のリニューアルとなりました。
 
当日は、出資者や出店者の皆さんのほか、商工会議所、観光コンベンション協会、八戸市等来賓も参加して、テープカットやライブなど、様々な企画が行われました。

20160422-01.JPG

20160422-02.JPG

20160422-03.JPG

 6店舗の新規店舗はこれまでに無いテイストのお店が出店しております。また、八戸の地の物が味わえるお店も健在。新たにリニューアルした26店舗の屋台村、ぜひお立ち寄りください。そして、新しい屋台村を堪能した後は、八戸の誇る8横丁、昭和の香り漂う、古くからの横丁も是非巡って遊んでくださいね。八戸市中心街、新しい風がまた吹き始めています。

20160422-04.JPG

20160422-05.JPG

こんにちは、NYです。
今日はベヒシュタインピアノリレーコンサートでした。はっち館内にはステキな音色が響き渡り、皆さん聞き惚れていましたよ。しかもピアノリレーが終わるとゲスト「アマデウスピアノ三重奏団」によるミニコンサートが。ピアノ・チェロ・バイオリンのハーモニーが素敵で感動!開場からもたくさんの拍手が送られていました。

20160320-04.JPG

20160320-05.JPG

コンサートが終わっても、はっちの夜はまだまだ熱いです。というのも、作晩から「超・超大画面で遊ぼう!ゲーム大会」が始ったのです!これは、はっちの裏の巨大壁面で「NewスーパーマリオブラザーズWii」をしようというもの。多くのギャラリーに見守られ、時には笑いが起こったり、「マリオがんばれー」の声援が飛び交うなど、プレイヤーも観客も一体となった楽しいゲーム大会です。20160320-01.JPG

20160320-02.JPG

20160320-03.JPG

超・超大画面で遊ぼう!ゲーム大会は21日(月・休)まで。
時間:18:30〜19:30
場所:番町スクエア(はっち裏)

4人一緒にプレイできるので、家族でやるもよし、恋人とやるもよし、赤の他人同士でもプレイをすることで連帯感が生まれるのがゲームのいいところですね。
初日は満員御礼でした。今晩は冷え込むらしいので、ぜひ温かい服装でご参加ください。皆様のおこしをお待ちしています!

本日13時よりはっちひろばで第3階八戸市民ロボコン・イカとり合戦が行なわれました!会場には非公認ゆるキャラのイカドンと、イカズキンちゃんも応援にきてくれましたよ。

20160214-01.JPG

参加チームは3人1組で11チーム。トーナメントはこんな感じです。
皆さん大会前からワークショップに参加して、腕と技術を磨いてきました。
20160214-02.JPG

かわいいルックス対決となった、かもめ幼稚園の卒園児「チームかもめ」(左)とはっち1Fのたまに庵のーぼの「チームTamanyan」(右)。

20160214-03.JPG

ルールは中央のフェンスに刺さっているバトンを自分の陣地に落とすと1点。棒に立てると5点入る仕組み。皆さんそれぞれメカに工夫を凝らし、じゃんじゃんバトンを陣地に引き込んでいきます。20160214-04.JPG

こちらはデザインがステキな「ロボットファイターズ」さんのロボット。
20160214-05.JPG

決勝戦は左「パセリ団」と右「ともぞうの孫たち」の白熱の戦いです!
ともぞうさんは脅威のバトン4本立てに成功し、会場がかなり盛り上がりました。そして白熱した戦いの末22対23と1点差で優勝したのは「パセリ団」でした!!おめでとー!!

20160214-06.JPG

優勝したパセリ団の3人は全員小学生。皆学校は違えど、八戸市少年少女発明クラブのメンバーで、クラブで参加した時のロボットを改良して今回に望んだそうです。パセリ団のチーム名の由来は「パセリの花言葉が勝利だから」だそう。なるほど〜!
1位から3位までには、表彰状とスルメダルが送られ、ロボコンは終了しました。

20160214-07.JPG

改めて順位を公表します。
1位 パセリ団 
2位 ともぞうの孫たち 
3位 イカンガー
・イカしたパフォーマンス賞 ロボットファイターズS(最高得点30点台)
・観客賞 チームかもめ (時間とともに想定外に傾いていくウミネコの首が可愛い)
・すごいアイディアじゃないか賞 ともぞうの孫たち(正確な動きのマシンに評価。1回戦からのトータル得点が68点と最高位)

今回入賞しなかった方、トラブルに見舞われた方、悔しい思いはまた来年リベンジしてくださいね!。

5周年記念セレモニー開催しました!

2月11日ははっち開館5周年の日。本日、1Fはっちひろばで記念セレモニーが行われました。
来賓の方々からのありがたいお言葉あったのは勿論ですが、セレモニーにふさわしい華やかなイベントも開催されましたので、そのご報告をします。

まずは祝賀演奏の小坂勝義社中の見事な演奏と舞いからスタート。
20160211_01.JPG

瀬知容子さん×佐藤公治さんによる、ジャズライブもありました。
20160211_02.JPG

普段、月に2〜3度開催されている投げ銭ライブの拡大版も行われました。
上から鈴木操良慈(琴)、アミーラザハラ(ベリーダンス)、がくや姫(フォークソング)、The Good Times(ディスコ)、加賀JF(ジャズ)。
20160211_03.JPG

20160211_04.JPG

20160211_05.JPG

20160211_06.JPG

20160211_07.JPG

聞き入り、魅了され、懐かしく、ノリノリで、かっこいい。バリエーション豊富な投げ銭ライブならではのステージでした。
また、はっちひろばには食のスタジオが出店していたので、お酒や食事をとりながらステージを堪能してらっしゃる方も多かったです。踊ってる方もいましたよ。

最後まで華やかに、皆様からの祝福を受けて5周年記念セレモニーは終了しました。今度は8周年?また楽しい記念セレモニーを開催しますので、その日をどうぞお楽しみに。

みろく横丁出店者試食審査会

 3日前から、はっち事務室は居酒屋の香りに包まれていました。というのも、事務室横の食のスタジオで、「みろく横丁」の出展者試食会審査が行われていたのです。
20160120-01.JPG

みろく横丁は八戸市の中心街にある屋台村で、定期的に審査が行われ、26店舗中の何軒かが入れ替わるシステムになっていますます。本日は審査の最終日で、この3日間、既存のお店はもちろん新規出店を希望するお店がそれぞれ腕を振るい、食スタに鎮座する審査委員の前で腕をふるっていたのでした。
20160120-02.JPG

20160120-03.JPG

20160120-04.JPG

20160120-06.JPG

20160120-05.JPG

今回は屋台村を卒業し、お店を構えている出展者OBも審査委員に初参加。
そのうちのお一人、れんさ街にお店を構えた「串わ」の長根弘和さんに、みろく横丁ならではのエピソードを伺うと
「トイレに立ったお客さんが帰ってくる場所が分からなくなり、違うお店に入っていた」
「ほかのお店が丸見えでお客の入りが丸見えなので、他店は混んでいても自分のお店だけお客がいないと凹みます」
「屋台にクーラーはないので、夏は熱くて大変。冬はストーブがあるけど足下が寒いです。」
そんなエピソードを語ってくださいました。これから新規出店される方も、同じような経験をなさるのでしょうね。

出展者の公表は3月10日。
既存店は3月31日までの営業で、4月1日〜17日は休業。4月21日よりリニューアルオープンするそうです。
みろく横丁ホームページ http://www.36yokocho.com/index2.php

八戸応援ツアーat東京!

こんにちは。はっち事務室の「八戸大好き」makkyです。
いつもははっちの中で八戸PRをしていますが、先日、お休みを利用して東京で開催している八戸のイベントに参加し、皆にエールを送って参りました(^^ゞ

1月8日(金)東京上陸初日は、東京ドームで行われている「ふるさと祭り東京2016」に参加しました。
WEBチケットを購入したので、並ぶこともなく入口でチェックしてもらうだけでスムーズに入場。
最近は便利なんだな~とつくづく感じてしまうmakky。
八戸は「ふるさと祭り東京」が始まった時から連続参加しているので、八戸三社大祭や八戸せんべい汁、種差海岸など知名度が上がってきています。
私が行った金曜日の夜は「スペシャルフライデーナイト」で「八戸法霊神楽・八戸南部民謡」のステージもあり、観客からたくさんの拍手をもらっていました。

20160114_1.jpg

ですが、今回はなんといっても「全国ご当地どんぶり選手権」に出場している「サバの駅」の「八戸銀サバトロづけ丼」にどうしても一票入れたかったのです!(食べるのに夢中で写真撮り忘れました)
これまで2位、3位と受賞はしているものの「優勝するまで頑張る」と、毎年身を粉にして頑張っているサバの駅駅長の沢上さんのその熱意に一票投じずにはいられません。17日の発表では夢が叶うのかドキドキです。
ふるさと祭り東京2016は1月17日(日)までやっていますので、ぜひ八戸ブースへお立ち寄りください。
そして絶品の「八戸銀サバトロづけ丼」をご賞味ください!
https://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

東京上陸2日目の1月9日(土)は、八戸のハマの営みなどの写真を撮り続けた写真家・田附勝さんの写真集「魚人」の展示販売イベントをしている、銀座の「森岡書店」に行って、無事、田附さんにもお会いできました。

20160114_2.jpg

森岡書店さんは、銀座らしくない裏の裏?みたいなところにあって、「本当にこの通りでいいんだよね?」と不安に思いながら歩いていたところ、道路の真ん中に田附さんが立っていたので、発見できました。
昭和4年からある、空襲のときも生き残った、貴重なとても雰囲気のあるビルで、その一角に森岡書店があります。
中に入ると、ハマで実際に使われている漁具やハマのお母さんが着ていたヤッケ、白い長靴、スルメイカの干物なんかも展示していて、八戸のハマのにおいがほんのりします。。。
外から見ると、なんかおしゃれな雰囲気になるのは何かのマジックでしょうか?
翌日に行われたトークイベントには残念ながら参加できませんでしたが、この続きは、1月30日からはっちで開催される田附勝写真展「魚人」までとっておきたいと思います!

20160114_3.jpg

皆様もぜひお越しくださいね。
http://hacchi.jp/programs2/gyojin/

 

久しぶりのブログ更新になります、はっちスタッフのMです。
さて、先週、スタッフTがご紹介しておりました「八戸をみんなでコラージュ!オリジナルの八戸ビッグモンスターを作ろう!」が、12/5(日)、12/6(月)に行われました。
その内容についてご報告します。

12/5(土)午前の回では、「海(いか)」をテーマに、12/6(日)午前の回では「陸(せんべい汁)」「海(うみねこ・サバ)」をテーマに、12/6(日)午後の回では「陸(八幡馬)」「海(うみねこ・サバ)」をテーマにした、それぞれのビッグモンスターをコラージュにより、合計21組55名の市民の皆さまのご協力により制作しました。
ご協力ありがとうございました!

それでは、振り返りましょう!
まずは、監修と務めていただきます、㈱ゼロニウムの伊藤さんと黒川さんから、昨年の映像上映とワークショップの流れのご説明がありました。
コラージュは大きな台紙に2mほどのオリジナルモンスターの下絵が描かれていて、その下絵にコラージュしていくもので、皆さん真剣に聞いています。

20151207_1.JPG次に制作準備のため、八戸名物がたくさん描かれたポスターやパンフレット、それを貼り付ける糊やハサミ、色塗りのクレヨンなどを選んで持っていきます。

20151207_2.JPG

そして、いよいよ制作に入ります。
持って行ったポスターなどを切り貼りしたり、クレヨンで色塗りをするなど、和やかな雰囲気で進んでいきます。

20151207_3.JPG

20151207_4.JPG

こどもさんだけでなくお母さんも真剣に切り貼り、塗り塗りしてます。

20151207_5.JPG

20151207_6.JPG

そしていよいよ、みんなで八戸をコラージュして作った、オリジナルの八戸ビッグモンスターが完成しました!

20151207_7.JPG

こんな感じの作品に仕上がりました!皆さん笑顔ですね!
まだまだ作品はありますが、全部見せるとネタバレになってしまうので、ここまで!

みんなで協力して作ったビッグモンスターの大きさは2mほどですが、これから3Dデータで加工され、20mほどの大きさのモンスターに大変身!
来年3月4日(金)~3月6日(日)に行われる「はっちメディアアートフェスティバル」の際に、はっち裏の番町スクエアから、はっちの大きな壁面へ投影されます!

作品投影予定:平成28年3月4日(金)~6日(日)18時以降です!

昨年の模様はこちら↓

20151207_8.JPG

昨年の作品投影の様子はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=dCMG8jUx3vo

どのようなビッグモンスターになるか? はっちの巨大壁面にどのように写るか? 今から来年3月が楽しみですね!

11/8(日)17:00まで!森のめぐみ展vol5in はっち

こんにちは、はっち事務室のRです。
最近朝晩の気温がぐっと下がりましたねー。
なかなか布団から抜け出せない日々が続いております・・・


そんな私もみなさまも!
思わず出かけたくなるイベントが今はっちで開催されていますよー!!

「森のめぐみ展vol5in はっち」 
11月7日(土)〜11月8日(日)10:00〜18:00 ※最終日17:00まで

20151107-1.JPG

昨年同様、はっちをほぼ全館使ってのイベント!見所盛りだくさんです。
はっちひろばでは、やわたうまのペイントマスコット作りなどのワークショップや、ハリアーの展示!!
そして、東京・・ではなく、林業ガールズ(某主任命名)コレクションも!!
(たくさんのお客さんのため、遠目での写真でお許しください・・・)

20151107-2.jpg

シアター1・ギャラリー1には、職人さん達のこだわりの逸品がずらり!

20151107-3.jpg

そして番町スクエアではカヌー体験も!!楽しそうですね!
チェーンソーアートの実演!何が出来るんでしょう・・・?

20151107-4.png

2階では、林業のビデオ上映みちのく潮風トレイルの展示・体験ができます!
4階ではこどもはっちがパワーアップ!
木のおもちゃで遊べたり、
食のスタジオでは親子でマクロビ料理教室も出来ちゃいます!(料理教室には事前のご予約が必要です)

20151107-5.png


他にもいろいろ盛りだくさん!見どころ満載ですよー。
森のめぐみ展は明日17:00まで!

みなさまぜひはっちへ、木のぬくもりでほっこりしに来てください。

【報告】はっちの一箱古本市2015 本のまち八戸へ

20151027-1.JPG

はっちスタッフのnabeです。
10/24に開催した「はっちの一箱古本市」のレポートです。
http://hacchi.jp/programs2/hitohakohuruhonichi2015/index.html
八戸では2回目となる一箱古本市ですが、今年も大賑わいのイベントとなりました。

20151027-2-01.jpg

今回の出店者は15組。
地元の方々はもちろん、東京、仙台、岩手、秋田など他県からも出店をいただき、バラエティ豊かな出店者の方が揃いました。販売する本もお店の個性がにじみでたオリジナルなもの。小説や絵本、写真集、雑誌、、、、。色とりどりの本が店頭に並んでいます。

お客様もじっくりご覧になっていましたが、スタッフも気になってチラチラみていました(笑)。それぞれの方の読書遍歴が豊かで見入ってしまうんですよね。
開催日はあいにくの雨だったのですが、多数のお客様がご来場、お店の方とお話しながら楽しんでいらっしゃいました。
本を買うのももちろん楽しいですが、本を通して人と人がコミュニケーションすることが楽しいんですよね。「一箱古本市」の一番の魅力だと思います。


20151027-3-01.jpg

古本市にあわせて、注目の組合せによるトークも開催しました。
来年度オープン予定の「(仮称)八戸ブックセンター」のディレクターをつとめる内沼晋太郎さんと、東京荻窪にブックカフェ「6次元」を構えるナカムラクニオさんのトークイベント。 
近年、本の話題となれば雑誌やウェブで名前を見ないことのない内沼さんと、さまざまなジャンルの方が愛し、イベントのユニークさなどで注目を集める「6次元」を運営されるナカムラさんの対談ということで、会場は満員! 立ち見も出るほどの盛況となりました。
全国各地の本のイベントの事例紹介や、八戸で本を通してできることなど、多岐にわたる話題が来場者を惹きつけていました。
山頂で一箱古本屋さんをやっている方のお話が一番印象に残っていますが、ここ八戸でも、アイデアと組合せでいくらでも面白いことができるのだと実感した時間でした。

20151027-4-01.jpg

その他、会場内には、(仮称)八戸ブックセンターを含む「本のまち八戸構想」の紹介展示や、はっち特派員による中心街唯一の古書店「遊歩堂」の取材記事、青森のフリーペーパー「エキゾチカアオモリ」の紹介展示、映画館「フォーラム八戸」で上映する書籍原作の映画の紹介など、盛りだくさんの内容。
多くの方が足を止めてご覧になっていました。
それぞれ小さなブースですが、その中には大きな可能性や魅力へとひらかれています。

というわけで、このブログ記事1つでは面白さを紹介しきれない「はっちの一箱古本市」でした。
「一箱古本市」を通して見えてくるのは、先にも書きましたが、本を通して人と人がつながっていく風景です。
お店の方とお客さんの間、あるいは店主と店主、お客さんとお客さん、、、本を読む人たちのあいだに生まれる小さなコミュニケーションがたくさん集まって、「本のまち八戸」=「本でみんなが楽しく/幸せになるまち」がじわじわとできあがってくるのではないかと、私は思っています。
「一箱古本市」は、そんなまちを思い描いて"スケッチ"するようなイベントです。すべてはスケッチから始まります。
また来年も「一箱古本市」を開催したいと思っています。その頃には(仮称)八戸ブックセンターも具体的なかたちが見えているかもしれません。
また来年、みなさまと会場でお会いできることを楽しみにしています。
出店者のみなさま、来場者のみなさま、ありがとうございました。

アーカイブ

Facebook

Twitter