報告の最近の記事

まちぐみラボ4周年&八戸市人口0.2%達成!

みなさま、こんにちは。

三社大祭も大盛り上がりですが、熱中症には気をつけて、水分補給を忘れずに!
6月ホコテンで熱中症先取り?したアヤタスです。。

昨日7月31日は、八戸三社大祭の前夜祭ですが、実はまちぐみラボ(活動拠点)の4周年の日でもありました。
十八日町から本八戸駅通り(内丸)に移転したまちぐみラボ。
IMG_0082.jpg

十八日町にできてから4年。。
ちなみにアヤタスもまちぐみに加入して4年です。
と考えたら、今日になって私自身かなり衝撃を受けています。

そして4周年&三社大祭を迎える直前に、さらにおめでたいことが......。

まちぐみ組員が、八戸市人口の0.2%を超えたのです!!!!
現在461号まで増えました。

ちなみに460号461号は7月末の、「本八戸駅通りおもてなし事業」でのうわさふきだし&のぼり・のれん設置のときにいらした方です。
IMG_0097.jpg

IMG_0052.jpg

IMG_0035.jpg
※本八戸駅から八戸市役所あたりまでに設置してあるので、ぜひ見てみてくださーい!!!

たったの460人と思う方もいるかもしれませんが、460人ってすごくないですか?!

北海道から長崎、はては海外アムステルダムまで。
小学生から80代まで年代もさまざま。

遠くからFBでいいねしてくれたり、参加できるときに参加するというスタイルで、みんなでゆる~く活動しています。

と、説明が長くなりそうなのでここで終わり、ラボ4周年と八戸市人口0.2%の記念ぱーちーを開催しました!

まずはラボに向かう前に、三社大祭期間中オープンしているアイラくんのレモネードカフェへ。
DSC_1978.jpg
店長は小学生だけど、お小遣い稼ぎではなく、レモネードスタンドのための期間限定のお店です。
「この活動は俺の役目だから」と言う彼もまちぐみ組員です。

また話がそれましたが、いよいよラボへ。

外でまったり食べたり話したり。
DSCPDC_0003_BURST20190731184635636_COVER.jpg

DSC_1989.jpg

DSC_1986.jpg
いつもの感じでみんなまったり。
ぱーちーでも変わらずですw

大家さんに"指導"されながらスイカを初めて切る子がいたり。
DSC_1984.jpg

おもしろジュース自販機でオトナ買いしてくれた方とくみちょがお話ししたり。
DSCPDC_0001_BURST20190731185236897_COVER.jpg

来るかもしれない私のためにおにぎりとっておいてくれたり。
DSC_1979.jpg


4年分のオモイでどんどん長くなりそうなので、今日はこのへんで。。
ラボは、まちぐみは、こんな場所です。

ラボ4周年&八戸市人口0.2%おめでとう!!!

DASHIJINなりきりツアーのご報告

みなさん、こんにちは。
6月16日~7月7日にかけて毎週日曜日に開催しました、八戸三社大祭の山車組に訪問し、実際の山車づくりを体験する「DASHIJINなりきりツアー」についてご報告です。

4日間で、参加者98名という大盛況ぶりでした。

作業内容は、
・紙貼り(薄い紙の裏にノリをぬって、色を塗りたい造形物に貼る作業)
・下塗り(発泡スチロールに色を塗る前段階の色塗り)
・やすりがけ(カッター等で型抜きした発泡彫刻を、紙やすりで削って滑らかにする作業)
・色塗り(下塗り後の発泡彫刻や、山車の土台や壁への色塗り)
・蝶々作り(ワイヤーを切って羽の形をつくり、薄紙を貼りました)
・鬼の植毛(発泡の鬼に枝を髪の毛として差しました)
・桜の花付け(桜の枝に桜をつける作業)
と多岐にわたりました。

自分が作業に関わった山車が本番で見られるということで、今年の八戸三社大祭はより楽しめること間違いなし!

協力してくださった山車組(吉田産業グループ山車組、十一日町龍組、内丸親睦会、糠塚附祭組、十六日町山車組、朔日町附祭、吹上山車組、下大工町附祭若者連中、塩町附祭組、新荒町附祭若者連)の皆様どうもありがとうございました。
山車づくりが佳境ですが、お体に気を付けて頑張ってくださいね。

20190722_1.JPG

20190722_2.JPG

20190722_3.JPG

【はっちのゴールデンウィーク2019 報告】

こんにちは。ゴールデンウィーク担当のティガーです。
いやー、ゴールデンウィーク終わっちゃいましたね。
10連休がっつり休んだ方もいれば、旅行に行った、実家に帰った、仕事した・・・
様々だと思います。でもとりあえずお疲れさまでした。

今日は、はっちのゴールデンウィークの報告をいたします。
大変多くの方がはっち・マチニワに来館していただきました。
誠にありがとうございます!!
イベントを1つ1つ報告することはゆるくないので、たくさん撮れた写真の中から私が好きな写真を5枚ピックアップして報告とさせていただきます。

『1.スタチューをデッサンしよう』
こちらは5月6日に行われた、スタチューをデッサンしようの様子です。
写真の真ん中はミドリーマンという彫像になりきる方です。
写真では伝わりにくいのですが、ずっと一定のポーズで止まっているところから
突然動き出します。それが面白くてデッサンしている子供たちはとても楽し気でした。

20190509_1.JPG

『2.レトロゲームコレクション展4』
こちらは5月3~5日まで行われた、レトロゲームコレクション展4の様子です。
お子さまは見たこともやったこともないゲームを体験できますし、なにより大人の方が、昔懐かしい匂いに誘われ子供の時にやったゲーム機を見たりプレイしたりしていました。
語彙力がないですがなんかそういうのってエモいですよね。(笑)

20190509_2.JPG

『3.ファミリー運動会』
こちらは5月6日に行われた、こどもはっちのファミリー運動会の様子です。
今年も人気で多くのご家族においでいただきました。
とても活気があって、子供たちのおかげではっちが明るくなりました。

20190509_3.JPG

『4.ニュースポーツフェスティバル』
こちらは5月3日に行われた、ニュースポーツフェステェバルの様子です。
輪投げや吹き矢、けん玉、スポーツチャンバラなどのニュースポーツを多くの方に体験していただきました。
大人も子どももさらには海外の方にも楽しんでいただきました。
私までいろいろと体験させていただいて子供のように遊んでしまいました。

20190509_4.JPG

『5.マジシャンと遊ぼう』
こちらは5月6日に行われた、マジシャンと遊ぼうの様子です。
ケンシラハタさんの気さくな性格やパフォーマンスではっち館内を歩いていた方々がマジックに気づき足を止め、引き込まれていました。
ケンシラハタさんは八戸で活躍するマジシャンですので、気になる方はチェックしてみてください。

20190509_5.JPG

これを見て面白そうだなと思った方は、来年もゴールデンウィークにお楽しみいただけるイベントを行いますので、是非ご来館ください!

こんにちは。はっちスタッフのミーです。
新年度になり学校や職場など環境の変化があった方も多いと思いますが、すこーしは、慣れたでしょうか。
さて、今日は、先週末に行われたライブの報告です。
ジャズピアニスト板橋文夫氏のトリオ「FIT!」と、八戸出身のトランペッター類家心平氏らによる5ピースバンドによるとても熱いライブでした!
板橋氏の奏でるピアノは、「古希になっても青春真っ只中!」という言葉どおりのエネルギッシュで、自由で美しい音でした♪
類家氏の迫力あるトランペットを始め、各パートの見せ場もあり、会場は大いに盛り上がり、八戸で聴ける滅多にないチャンスだったと思います!
そんな当日の様子を写真で紹介しますね。(聴けないのが残念ですが)

2019春 板橋文夫 古希祝 東北ツアーライブ 板橋文夫FIT! with 類家心平 & 高岡大祐
日時:平成31年4月6日(土)18:30開演
場所:八戸ポータルミュージアムはっち 2階シアター2

20190410_1.JPG

20190410_2.JPG

20190410_3.JPG

20190410_4.JPG

20190410_5.JPG

20190410_6.JPG

第七回はちのへ演劇祭のご報告!

こんにちは。はっちスタッフのミーです。
「第七回はちのへ演劇祭」は、前売りチケット完売し、満員御礼で終えました。
ご来場いただき、ありがとうございました!

今回は、キャストやスタッフを市民オーディションで募集したほか、
第一線で活躍されている方々にも参加していただきました。
皆さん、学校や仕事が終わった後に練習や作業を続け、
作品を上演しましたが、同じ目標に向かって、何かをするってステキですね!
きっと、作品を御覧になった方も、何かを感じたはず、、!
それでは、今回、御覧になれなかった方にも写真で少しだけ様子をご紹介します。
(写真はゲネの様子です)

「水底の柩」
原作:長尾 広海
脚本・脚色・演出:鈴木利典(劇団扉座)
日時:平成31年3月15日(金)~17日(日)
会場:八戸ポータルミュージアム はっち 2階シアター2
http://hacchi.jp/blog/2019/03/e002491.html

IMG_0034.JPG

IMG_0043.JPG

IMG_0051.JPG

IMG_0055.JPG

3/17は第3日曜日!和日カフェでした~!

みなさま、こんにちは。
アヤタスです。
昨日はほぼ夏?!なあたたかい一日でしたね(もちろん汗だくでしたw)。
土曜日は雪が降るとか。。
風邪には気をつけてくださいね。

17日は、平成30年度さいごの和日カフェでした!

未就学児から80代までの力作が一堂に展示された八戸臨泉会さんの書道展。
大きい作品が多く、圧巻でした。
rinsen1.jpg

rinsen2.jpg
作品を見て「自分も書道やってみたいな~」と思った方も安心の、色紙に好きな文字を書けるコーナーも。

彩-irodori-ワークショップさんの企画は、「ふだんきものと和の生活を楽しむ」がテーマ。

着物の着付け体験とそのまま(!)館内散策ができる体験のほか、
irodori2.jpg
普段の生活の中に気軽に取り入れられる、水引細工やつまみ細工などを使った小物作り体験も。
irodori3.jpg

irodori4.jpg

irodori1.jpg


MOA美育ボランティアネットさんのお茶席は、毎企画大人気の、精巧に複製された美術品を見ながらお茶を楽しめるもの。
MOA4.jpg
今回の目玉は、河鍋暁斎作の「左甚五郎と京人形図」です。
なんと、帆風美術館の副館長さんによる作品解説もありました!
MOA1.jpg

MOA3.jpg

お子ちゃまも夢中(笑)で、みなさん作品を間近で見ながら熱心に説明を聞いていました。
お茶とお菓子はもちろんおいしい!!300円でコレはおトクです♪
MOA2.jpg
(お茶の写真はうっかり撮り忘れ;)
八庵では折り紙で今年の干支、いのししを折る体験も。
MOA5.jpg

今年度さいごの和日カフェも盛りだくさんでした。

4月の和日カフェは、4月21日(日)。
✿こけ玉・ミニ盆栽づくり
✿御朱印帳づくり
✿思い出の布や着物生地でつまみ細工のアクセサリーづくり
✿お気に入りの器を加工漆で気軽に金継ぎ
✿花見茶席&折り紙体験
日本文化を気軽に体験できるイベントで、みなさまをお待ちしております。

まちぐみ展4、来場者数2,497名!

みなさま、こんにちは。
昨日の雪がうそみたいにあったかい♪
コートいらなかったかも?


まちぐみ担当アヤタスより、2月28日(木)~3月13日(水)の期間で実施した、「まちぐみ展4」についてご報告です。
IMG_0029.jpg

IMG_0002.jpg

日中だけのカウントですが、来場者数は2,497名。
ありがとうございました!

今回の「まちぐみ展4」は、まちぐみの1年間の活動を写真とコメントでわかりやすく見やすく展示したほか、「ひしざしカフェ」と「せんべいカフェ」をオープン!

30年4月から31年3月までの活動を会場のシアター1にぐるーっと。
IMG_0037.jpgIMG_0055.jpg
新しい展示の試み。

ひしざしカフェでは、まちぐみオリジナルの南部ひしざしグッズを販売したほか、キットを購入した方にはその場で刺し方を教えるワークショップも。
mcgm310228-5.jpg
青森県伝統工芸士・中村禮子さんの南部菱刺し教室も開催。
こんな卓布が刺せちゃいます。
mcgm310228-6.jpg

いのるんコースターの図案をアレンジしたツワモノも現れました!


「せんべいカフェ」では、高校生が試行錯誤しながら考案した、南部せんべいを使用したスイーツを販売。
mcgm310302-3.jpgmcgm310302-11.jpg
今年は昨年とはまったく異なる4種類のスイーツを提供し、4回すべて完売しました。
mcgm310302-12.jpg
何人か卒業しちゃった子もいるので、帰省してきたときに先輩としてまた参加してくれたり、遊びに来てくれるといいな♪

今年度、大きな活動はこれが最後。

来年度もどんな「まちぐみ」になっていくのか楽しみ♪
みなさんと一緒に楽しく活動していきたいです。


みなさま、こんにちは。
一気に寒くなりましたね。
シャワーのホースがこおってお湯をかけて復活させました、アヤタスです(^ω^)


明日2月11日は、はっちの8歳のお誕生日。
そんなおめでたい時期におめでたい出来事がもうひとつ!

mcgm310208-2.jpg

すでに新聞等でご覧になった方も多いかもしれませんが・・・・・・。
八戸の中心街を"まちぐるみ"でおもしろくする市民集団「まちぐみ」が、「第9回地域再生大賞」の北海道・東北のブロック賞をいただきました!

2月8日(金)、東京で表彰式とシンポジウムがひらかれました。
mcgm310208-1.jpg

山本くみちょーが賞状をいただき。
mcgm310208-3.jpg

表彰式のあとは、シンポジウム。
mcgm310208-4 .jpg

そもそも地域再生大賞ってナンダロウ?
という方も多いと思います。
共同通信社と地方新聞社46社により、地域づくりに取り組む団体にエールを送ろうと設けられました。
詳しくはコチラ→★地域再生大賞とは★

惜しくも大賞は逃してしまいましたが、なんと!青森県で受賞は今回の「まちぐみ」がはじめてとのこと!(やったー!)

まちぐみは、はっちの事業として平成26年にスタートして、今年の10月で6年目。
組員は北は北海道、南は長崎まで(海外アムステルダムも!)、小学生から80代まで、440名以上が参加してくれています。

中心街の店舗のディスプレイのリノベーションや八戸の伝統工芸や名物に光をあてるなど、山本さんのアーティストならではのユニークなアイデアで、組員さんの意見も取り入れつつ、これまでさまざまな企画を実施してきました。

今年度は、はっちの椅子に南部菱刺し(ひしざし)を施す市民参加型ワークショップと、高校生が考案した南部せんべいを使用したスイーツを提供する「せんべいカフェ」をメインに活動しています。

mcgm310120-2.jpg

mcgm300826-1.jpg

IMG_6192.jpg

2月28日~3月13日まで開催の「まちぐみ展4」で1年間の活動をわかりやすく展示&期間中土日にせんべいカフェをOPEN!
こちらについて詳しくはまたのちほど。。

いつも参加してくれている組員さんだけではなく、みなさんのおかげでいただいた賞です。
ありがとうございます。
まちぐみを推薦してくださった、デーリー東北新聞社さんもありがとうございました!
今回の受賞で、「まちぐみ」のことを知ってくださる方、活動に参加したいという方がまた少しでも増えてくれたらうれしいです。
「これからもみんなで仲良く面白いことをやっていきたい」と山本くみちょーも語るのでありました。

まちぐみに興味のある方、はっちのアヤタスまでお声がけくださいね♪
(シフトでお休みのときはゴメンナサイ......)

12月16日(日)は、和日カフェの日でした!

こんにちは。はっちスタッフのミーです。
今年も、もうすぐ終わりますね。早いですねぇ。。。!
今年を懐かしみながら、今日は、12月に実施した「和日(わび)カフェ~日本文化に親しむ日~」の報告です。今回は、篆刻作品展やいけ花体験、和小物づくりや投扇興体験のほか、料理教室と、盛りだくさんの企画が実施されました。

【悠久のデザイン文字】
篆刻、書、刻字の作品展示のほか、落款印づくり体験を行いました。
1篆刻①.jpg
自分の落款印があるって、いいですよねぇ。体験コーナーは、終始、賑わっていましたよ!
1篆刻②.jpg
1篆刻③.jpg

【お正月に使える和小物づくり】
和日カフェとしては、初めてマチニワで行いました。
いつもと違う雰囲気の中で、和小物づくりを楽しんでいました!
2和小物①.jpg
2和小物②.jpg

【クリスマスいけばな体験】
クリスマス用ブーツにお花をいけました。可愛いくて、大好評でした☆
3いけばな②.jpg
3いけばな①.jpg

【投扇興を楽しむ】
扇を的に向かって投げ、落ちた形で点数を競う、和風対戦ゲーム「投扇興」。
練習をした後に対戦をします。なかなか思うように得点が入りませんが、高得点で逆転も可能です!
4投扇興②.jpg
4投扇興①.jpg

【旬をいただく~気軽におうち和食~】
アレンジおせちと、和菓子を作りました。美味しそうですね☆
5料理①.jpg
5料理②.jpg
5料理③.jpg

【同日開催】
まちぐみpresentsはっちの椅子に南部菱刺し体験もありましたよ。
6菱刺.jpg

次回、平成31年1月20日(日)の和日カフェは、筝や尺八などのステージやいけ花体験、半幅帯結びや和装品づくり、てぬぐい書初め、季節の和風お弁当づくりなど、盛りだくさんです。来年も是非、遊びにいらしてくださぁい☆

「はっちがずっぱど南部弁」を開催しました!

わたくし、はっちのドミンゴといいます。
このたび、12/1(土)~2日(日)と二日間にわたり盛大に催された「南部弁の日」について、報告いたします。

第1章(柾谷伸夫氏によるプロデュース)
□たくさんの南部弁を楽しみましょう
 語り部5名、紙芝居1名、語りと甚句2名、演劇8名による愉快な南部弁で、方言の魅力を引き立たせました。また、出演者は、むつ・洋野・八戸・木造と方言の微妙な違いを探りました。
□南部弁サミット2018
 南部弁の継承講座、共通語から南部弁への変換アプリ紹介、語り部8名、演劇2名によるサミットで、最後の演劇(二人芝居)は、なんと津軽弁と南部弁のバトルが展開され、大いに笑いを誘っていました。

IMG_0220のコピー.jpg

第2章(十日市秀悦氏と南部弁大好きなながまっこ)
□「待だせだなす!年に一度の南部弁バラエティーシアター全員集合だず!」
 オープニングで正部家種康氏の生前映像を懐かしみ、種康氏の長男(光彦さん)が回顧録を語りました。また、八戸東高校の南部弁授業、塩町えんぶり組による南部弁で「喜び舞・大黒舞」を披露。更に、南部弁でお茶の間コントなど、バラエティー満載で大笑いしながら南部弁の使い方を学びました。

_MG_0051のコピー.jpg

_MG_0088のコピー.jpg

以上南部弁満載の報告でした。
今年も余すところ1カ月足らずですが、ずっぱど笑って、ほろっとしてけんだ、なっす!
ではまた~はっちのドミンゴでした~。

アーカイブ

Facebook

Twitter