2015年2月アーカイブ


20150225_1.jpg

とうとう今週末となりました、第三回はちのへ演劇祭!
本番まで、連日稽古が続いております。役者の皆様、おつかれさまです!!
http://www.spaceben.com/8geki-plan.html

今年の演劇祭は、青森県出身で全国的に活躍する劇作家の中屋敷法仁さんを迎えて、八戸のまちを題材とした新作「はっちのえんげきさい」を上演します。

20150225_2.jpg

八戸の建物や催事を擬人化した作品...??というコンセプトのこの作品。
どんな作品か想像がつくでしょうか...。
博物館さん......?というセリフだけヒントにしておきます。
さすが、すごいアーティストの方は目のつけどころが違います。

20150225_3.jpg

昨日からは中屋敷さんが入っての稽古ですが、中屋敷さんが細かい部分を直していくだけで、作品がフルカラーになっていくように鮮やかで魅力が増してきます。演劇の醍醐味ってこういう部分にあるのでしょうね。作品が違って見えるほどです。
そしてオーディションで選ばれた役者の方々も個性ぞろい。地元の演劇人から、この作品のために東京から越してきた人まで、多彩な面々。中屋敷さんの演出にどんどん新しいアイデアを繰り出していきます。八戸の演劇人はすごいです。

20150225_4.jpg

20150225_5.jpg

さて、そんな稽古が進む中、今週末からは上演です。
座席が本日設置され、着々と公演に向けての準備が進んでいます。
3月1日から3月8日まで、計10回の公演を行います(上演詳細は本記事最後をご覧ください)
楽しんでいただけること間違いなし!損はさせません。
一流劇作家と八戸の演劇人のコラボレーション!
お見逃しなく!


「はっちのえんげきさい」
~八戸の街がうごきだす、出会いと交流の物語~
作・演出/中屋敷法仁(劇団柿喰う客代表)
演出助手/中田絢子
出  演/織笠静子、柏井容子、加藤健太郎、木下拓哉、
     佐々木隼世、田面木昭憲、蔦林彩加、
     外舘暢子、野沢亜由美、ひさはらなつき、
     吉田美香
上演日程/平成27年3月1日(日)~8日(日)※全10公演
     1日(日)①13:00~ ②16:00~
     2日(月)20:00~
     3日(火)20:00~
     4日(水)19:00~
     5日(木)休演日
     6日(金)19:00~
     7日(土)①14:00~ ②17:00~
     8日(日)①11:00~ ②15:00~
     ※開場は30分前。上演時間は約60分。
会  場/八戸ポータルミュージアム はっち
2階 シアター2
チケット/前売:一般1,200円、高校生以下700円
     当日:一般1,500円、高校生以下1,000円
※小学生以下でも一席確保する場合は入場料が必要です。
※乳幼児も入場可能です。  
プレイガイド/WEB予約
       ローソンチケット Lコード 21784
       はっち1階 インフォメーション、三春屋
その他、詳しい情報は下記でご確認ください
http://www.spaceben.com/8geki-plan.html

【報告】八戸朝市ロボコン大会開催!!

こんにちは!積雪0cmの中、春を呼ぶえんぶりが終わり、あったかいスープを飲まなくてもあったかくなってきた今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。デアイとワカレの季節がまた近づいてきましたね。
この季節になるとアノ名曲を思い出すはっちスタッフJです。


さて、話はえんぶり前にさかのぼりますが、2月11日のはっち開館4周年の日にはっちひろばで「はちのへ朝市ロボコン 市場へGO!」を開催しました。
大会は実行委員会とはっちの共催ですが、ジュニアロボコン発祥の地八戸で、八戸をPRするテーマで、子どもから大人まで気軽に参加できるロボコンを開催しようということで、昨年に引き続いて2回目の開催となりました。
当日は、たくさんの観客が見守る中、親子、兄弟、友人同士など、4歳から60歳までバラエティに富んだ2人1組13チームの精鋭が、朝市での買い物をモチーフにしたコースで点数を競い合いました。

20150224_1.jpg

20150224_2.jpg

20150224_3.jpg

また、ゲストとしてロボット製作ワークショップなどで協力いただいた児童科学館長のほか、朝市がテーマということで、湊日曜朝市会の上村様(理事長の奥様)や、初代ミス八戸の中山様にも観覧していただきました。
 
20150224_4.jpg

大会は、予選を終えて決勝トーナメントになると、朝市での商品に見立てたピンポン玉を上手に車に積みこみ、ほぼパーフェクトの得点が続出するほどレベルの高い試合が展開される中、中学生の友人コンビ「サンタクロース」が見事に優勝!その他、観客賞や技術賞、朝市パフォーマンス賞など、会場を盛り上げたチームの皆さんにお客さんやゲストから様々な賞が贈呈されました。
もちろん結果も大事なんですが、ロボットをチームで力を合わせて作り、動きを確認しながら、機能やデザインにも工夫を重ね、楽しみながら大会に臨む過程にとても価値があるような気がしました。

20150224_5.jpg

20150224_6.jpg

20150224_7.jpg

ちなみに、今年の10月には、八戸を会場に第20回全国朝市サミットが開催されるそうです。
3月中旬には日曜日の館鼻岸壁朝市も再びはじまりますし、皆さん是非本当の朝市に行ってお買い物を楽しんでみてくださいね。

【ご報告】えんぶりinはっち

今年もえんぶりが終わりましたね(泣)皆さま、十分に楽しまれましたか?
今回も初日の奉納摺りだ!一斉摺りだ!!かがり火だ!!!と力いっぱい楽しんだtomeです。

さて、はっちで行われた「えんぶりinはっち」沢山の方にご来場いただき、誠に有難うございました。感謝の気持ちを込めて、主な企画のご報告いきます!


20150323_1.JPG
 今年もえんぶり公演は、満員御礼!立ち見の方も多くいらっしゃいました。
こちらは、東十日市えんぶり組さんの太夫の摺り。この凛とした表情、素敵ですよね!
昔、太夫は女性に大人気だったと言われていますが、その気持ち分かります・・・


20150323_2.JPG
この子、なんと2歳!お姉さんをお手本に一生懸命踊っていました。


20150323_3.JPG
 こちらは、太夫と祝福芸の衣装が着れる「着付け体験」4日間で約140人の方に体験していただきました。烏帽子って被ると意外に重いですよね(汗)


20150323_4.JPG
 和井田良子さんによる、創作和紙人形展。衣装などが細かく再現してあり、写真を撮ったり、じっくり観察したりする方が続出でした。


20150323_5.JPG
 はっち特派員の皆さんによる写真展。えんぶりの魅力がぎゅぎゅっと詰まった写真が館内に展示されました。

以上、今年のえんぶりinはっちでした!来年も宜しくお願いいたします。

こんにちは、はっちスタッフのTです。
つい先日、はっちは開館4周年を迎えたところですが、4周年記念を兼ねて開催された、「文化庁長官表彰受彰記念シンポジウムinはっち」の様子をご紹介します。


八戸では、伝統文化から新しい文化まで、市民の皆様が多種多様な文化活動を展開されています。
この文化芸術を切り口とした市民力をまちの活性化にどのように活かしていくかを、市内外でご活躍されている有識者の方々と、八戸市のアートのまちづくりを支える現場のスタッフが語り合いました。

20150221_1.JPG

平日のお昼からの開催でしたが、たくさんの市民の皆様にご参加いただきました。

20150221_2.JPG

シンポジウムのオープニングを、泉彩菜氏と長唄はつ音会の皆さんによる日本舞踊で飾っていただきました。
八戸市民には馴染み深い、八戸小唄もご披露いただきました。

20150221_3.JPG

同志社大学特別客員教授で、日本における創造都市論の第一人者でもある、佐々木雅幸先生から、「創造都市八戸の発展に向けて」と題しての基調講演をいただきました。
「創造都市」とは、都市の中に創造の場がたくさんあって、地域の社会的課題を創造的に解決できるアイデアがどんどん出てくるようなまちのこと。
佐々木先生からは、世界の先頭を切って創造都市を推進している国内外の事例を紹介していただきながら、「八戸が創造都市として発展していくためには、創造の場が「はっち」だけでなく、もっと周辺に広げていって、いろんな人が集まるようにしていかなければならない。
2020年の東京オリンピックはスポーツと文化の創造的祭典として開催される。
東京だけでなく日本各地に文化的地域を作っていく中で、八戸も大きな力となって欲しい」、とのご提言をいただきました。

20150221_4.JPG

佐々木先生の基調講演に続いて、「文化芸術を活用したまちづくりの可能性」と題してのパネルディスカッションが行われました。
コーディネーターは、東北文化学園大学教授で、はっちのアドバイザリーボード委員を務められ、日頃からはっちの運営にも貴重なご意見をいただいている、志賀野桂一先生です。

20150221_5.JPG

20150221_6.JPG

パネリストとして、八戸市文化協会会員で、青森県洋舞連盟前会長の小林智栄氏、まちづくり会社ドラマチック代表社員で、八戸ニューポートアドバイザーの今村ひろゆき氏のお二人に、はっちと市の文化政策を担当している各課の職員が参加し、それぞれの立場から、八戸の文化的特徴や、普段感じていること、今後の可能性などについて語っていただきました。

各パネリストからは、伝統に根ざしながら常に新しいものを生み出そうとする八戸の気風を挙げながら、八戸の創造都市としてのポテンシャルの高さに触れ、それぞれの立場で、文化芸術の力を使って八戸の魅力を高め、対外的に発信していこうとの話がなされ、最後に、コーディネーターの志賀野先生が世阿弥の「珍しきが花なり」、「住するところなきを、まづ花と知るべし」の言葉を引用し、文化芸術のもつ新規性を活かし、新しい人材を集め、新しいプロジェクトを興して常に変化を求め、次の時代を創っていくことの必要性を説かれ、そのための仕組みが八戸市・はっちには既に用意されており、たくさんの市民の方々の力でより一層の発展が図られることを期待するとして、シンポジウムをまとめました。

八戸市の「アート」を通したまちづくりが全国的に注目されつつあります。
これをチャンスと捉え、シンポジウムに参加できなかった皆様も、是非、八戸市・はっちが取り組んでいる「アートのまちづくり」にご参加ください。
一緒にまちを楽しく盛り上げていきましょう!

【報告】和日カフェ2月

八戸地方に春を呼ぶ「えんぶり」の真っ最中ですが、
この時期にしては本当に珍しいくらい雪が積もっていない中での「えんぶり」に、
なんとなく物足りなさを感じてしまう、だけど大雪は勘弁して欲しい、
そんな相反する気持ちが交錯しているわがままなはっちスタッフJです。


さて、2月15日は第3日曜日恒例の「和日カフェ~日本文化に親しむ日~」を開催しました。
今月は「八戸市文化協会」のプロデュースによる5つの企画でたくさんのお客様に日本文化を楽しんでいただきました。

和のスタジオでは、松羽目をバックに能の仕舞(しまい)や詩吟、
日本舞踊の各流派の方々による豪華競演が5時間にわたって行われ、
たくさんのお客さんで賑わいました。
仕舞の際にはお客さんに体験していただくワークショップも行われたほか、
午後の公演では詩吟やたくさんの舞踊を楽しんでいただき、
フィナーレの八幡馬のうたまで、会場全体で盛り上がりました。

20150219_1.JPG

20150219_2.JPG

20150219_3.JPG


1階のはっちひろばでは300点以上もの書道作品の展示と書道体験が実施されたほか、
篆刻・刻字体験も実施され、たくさんの方々に書に親しんでいただきました。

20150219_4.JPG

20150219_5.JPG

また、4階で開催されたお茶席は、
和日カフェとしては久しぶりに表千家の皆さんに実施していただきましたが、
150人ものお客様に、お抹茶と菓子をおもてなしの心とともに味わっていただくなど、盛況のうちに終えられました。

20150219_6.JPG

もうすぐ春、次は3月15日(日)の開催になりますが、
雛めぐりも開催中ですので、来月の和日カフェもどうぞ皆さんお楽しみに!

【報告】ものスタプチフェスティバル終了!

こんにちは。シモーヌです。八戸えんぶり、スタートしましたね。
えんぶりが始まると、一年の節目で、もうすぐ春を迎えることをしみじみ感じてしまいます。
そして、はっち4階も、えんぶり色に染まっています(^^)

20150218_0.jpg 
お土産品もありますので、ぜひお越しください(^^)

2月14日(土)バレンタインデーに行われた、最後の「ものスタプチフェスティバル」の
様子をお知らせします。

20150218_1.jpg

普段はしずかな4階。この日は、楽しい音楽が流れる中、5つの"ものづくり体験"が行われました。

●香りつき、バレンタインカード作り ●大好評!新聞エコバッグ作り

20150218_2.jpg


●スカーフ・バッグのハンドル作り(※) ●裂織の花瓶しき作り

20150218_3.jpg


●ココナッツオイルをつかった生チョコづくり

20150218_4.jpg


和やかな雰囲気の中、イベントは終了!

これまで沢山のお客様が、"ものづくり"を体験してくださいました。
作家と直接お話をして、つくる楽しさや、モノの背景にあるストーリーを感じていただけたのではないでしょうか。


イベントへ足をお運びいただき、ありがとうございました!
2月14日をもって、「毎月第2土曜日・ものスタプチフェスティバル」は最後となりますが、
4階リビングでは、今後も不定期でイベントを開催していきたいと思っています。
日程が決まり次第、お知らせしますので、お楽しみに(^^)

(おまけ)..............................................
♪はっち館内にある、飲食店4店舗による
プチフェスのフードは、毎回リーズナブルでおいしいものばかりでしたよ♪

20150218_5.jpg

【告知】 えんぶりinはっち

さてさて、今年も八戸えんぶりの季節がやってまいりました!今朝は長者山へ奉納摺りを見に行って、朝からとても気分の良いちーぼーです。
まだまだ寒い日が続きますが暦の上ではもう春なんですね~。はっちではえんぶりにちなんだ企画を実施しますので、いくつかご紹介します!

はっち特派員写真展
館内各所にはっち特派員が撮影した写真や、八戸えんぶりの魅力が詰まったパネルが登場します。表情豊かなこども達の姿や勇ましく舞う太夫の姿など、臨場感の伝わる写真は見応え十分です!!
20140217_1.JPG

えんぶり公演inはっち
えんぶり公演がはっちで見られます!迫力満点のステージをぜひご覧下さい。詳しい時間や出演団体はこちらでご確認ください。
http://hacchi.jp/programs2/enburi2015/
20140217_2.JPG

えんぶり衣装着付け体験
 えんぶりの太夫や松の舞の衣装の着付け体験ができます。太夫の烏帽子も実際にかぶることができちゃうんです!かぶってみたいな~と思っていたあなた!!滅多にかぶることができない烏帽子をかぶって写真撮影をしてみませんか?料金は100円です。みなさんカメラを持って遊びにいらしてくださいね。
20140217_3.JPG

他にも、はっちに常設してあるえんぶり人形の作家さんと話せる企画や、えんぶりの和紙人形展、えんぶりの事が詳しくわかるパネル展、ミニ烏帽子が作れるワークショップなども実施中です。
春を感じに、是非はっちにおこしください。
20140217_4.JPG

お休み茶房「えんこえんこ」
 おしるこや甘酒、おでんなど、えんぶり期間限定のメニューが登場します!えんぶり観賞の休憩に一息いかがですか?はっち4階でお待ちしています!

20140217_5.JPG

【告知】今月の投げ銭ライブはこの方!!

みなさま~おひさしぶりん!!!
ストリート投銭ライブのご紹介ですよ~

きたる2月18日(水)19:00〜の「はっちひろば」は、必見!
ソプラノ&ピアノによるクラシックデュオ・ユニット「Musica Liberta」の登場です。

ななんと・・・声楽の歌姫で在られます、間口 友美さんのボイスに酔いしれてくださいね。
もちろん、伴奏も凄腕のスペシャリストで在られます、佐藤 慎悟さんですよ~。

プログラムは楽しそうですよ~
アベマリアをはじめ、歌劇「トスカ」やスクリーンミュージック・アニメソングなど、もりもり沢山ですん。

みなさまのご来場を、こころからお待ちしておりますからね~
お楽しみは、2月18日(水)19:00〜「はっちひろば」まで取っておきますからね!

みなさま、おたのしみあれ~。では また!

【告知】えんぶりinはっち は〜じま〜るよ〜!

皆さん、こんにちは。
間もなく「八戸えんぶり」(17日~20日)開幕です。
お約束のように雪も降りだして、この時季はいろんな意味でドキドキさせられます。
この「えんぶり」、皆さんはどのように楽しみますか?
はっちでも、はっちならではの企画を、モリモリ盛りだくさんでご用意しています。
たくさんあるので、さらりとご紹介しますね。


其の壱「えんぶり公演」 1階・はっちひろば
20150214_1.JPG
昼12:00~と、夕方17:00~の2回、えんぶり公演が見られますよ。
毎回、出演してくださるえんぶり組も変わります。
屋外で見るのとは一味違う、はっちのえんぶり公演、見比べてみてはいかがでしょう?
※17日だけは「17:00のみ」の公演となります。


其の弐「えんぶりシアター 本番を迎える日まで」 1階・はっちひろば
えんぶりのお囃子や口上、舞などの練習風景の映像上映です。
次の世代へ伝統が引き継がれ、えんぶり本番へ向かっていく様子が堪能できます。
上映時間は約20分。繰り返し上映しているので、途中から見ても「見逃しちゃった」とはなりません。
※えんぶり公演中は上映お休みになります。


其の参「えんぶりって?パネル展」 1階
これを見ればえんぶりをより楽しく鑑賞できます!えんぶりの成り立ちや舞の種類などを、はっち流解説でまとめたパネル展です。


其の四「えんぶり人形作家と話そう」 2階・えんぶり常設展示
はっち2階にえんぶり人形の常設展示があるのはご存知ですか?
なんと、期間中、その作家さんが展示場所に居るんです。
人形制作やえんぶりのことなど、作家さんから直接お話を聞くことができる、とっても贅沢な企画です。
でも、作家さんは取材対応などで忙しいので、会場不在の時もあります。会えたらラッキーという感じで作品鑑賞にお越しください。

其の伍「えんぶり小屋」 4階・こどもはっち前
今回の初企画。えんぶりに関するイラストや小物などを展示しています。


其の六「春を呼ぶ「朳(えんぶり)」創作和紙人形展」 3階・八庵
20150214_2.JPG
明治初期の目時地方(現在の三戸町)のえんぶり様子を再現した人形展示です。
こちらは、23日(月)まで展示しています。


其の七「えんぶり衣装着つけ体験」 3階・和のスタジオ
20150214_3.JPG
太夫と祝福芸「松の舞」の衣装体験コーナー。参加者には、オリジナル手ぬぐいをプレゼントしますよ。
記念撮影もできるので、カメラをお持ちになってどうぞ。
体験料は、1回(衣装)100円です。


其の八「ミニえぼしをつくろう!!」 4階・リビング
20150214_4.JPG
画用紙と色紙を使ってかわいいミニ烏帽子(えぼし)を作りませんか?作品はそのままお持ち帰りできますよ。
※18日だけはお休みです。


さあ、ご紹介もいよいよラストです。
其の九「お休み茶房 えんこえんこ」 4階・リビング
はっち館内をぐるぐる廻ったり、外でえんぶり鑑賞をしてきたら、ちょっとひと息つきたくなりますよね。
えんぶり期間だけの限定茶房が登場します。昔懐かしいあの味、お祭りならではの味にほっこりしてください。

いかがでしょう? 気になる企画はありましたか?
数あるえんぶりイベントの中で、はっちにもお立ち寄りいただけたらうれしいです。

このほかにも、館内では「はっち特派員」の皆さんによる写真展を同時開催しているほか、「はちこ」の皆さんによる公共交通の臨時案内所も開設します。
春を呼ぶえんぶり。
4日間、皆さん、どうぞお楽しみくださいね。

「えんぶりinはっち」こちらからもどうぞ

【告知】2月の和日カフェ

段々と寒さが厳しくなってきましたね。皆さま、如何お過ごしでしょうか。
寒い日は、熱いお風呂にじっくり入るのが堪らない、和日カフェ担当tomeです。

さて、2月15日(日)は毎月恒例の和日カフェ~日本文化に親しむ日~です。
今月は「八戸市文化協会」プロデュースで、5つの企画が楽しめます!
(料金表示のないものは、全て無料です。)

20150207_1.JPGのサムネイル画像

■書道作品展・1日無料習字体験
 筆で文字を書いてみませんか?お手本にそって、講師が優しく指導します。
 皆さん、是非ご参加ください。(書いた作品は、お持ち帰りいただけます。)
時間:10時~15時 
 場所:1階 はっちひろば
 実施:日本習字香墨会

【参加者募集中!!】
■篆 刻(てんこく)・刻字(こくじ)体験
  「篆刻(てんこく)」や、新しい書道ジャンル「刻字(こくじ)」を体験してみませんか?
時 間:10時~15時
  場 所:1階 シアター1前
  体験料:各500円 
  申込み:朝日堂(℡:0178-41-3113)※締切:2月10日(火)まで
  内 容:  実 施:小野澤 旭堂ほか

■表千家 立礼席とおもてなし体験講座
 立礼席(椅子席)で一服のお抹茶を楽しみませんか?
 「どう飲むんだっけ・・・?」そんな時のために、お抹茶の飲み方などの作法が分かる体験
  コーナーもあります。
時間:11時~15時
 場所:4階 リビング
 料金:各300円
 実施:表千家 青森県支部八戸地区

■春を寿ぐ謡と仕舞
  仕舞(しまい)とは、能の一部を面や衣装を着けず、紋服・袴で舞うことです。
  能の世界をお楽しみください。(扇の持ち方なども体験できます)
 時 間:10時~12時
 場 所:3階 和のスタジオ
 出 演:八戸宝生会

■春を呼ぶおどり・踊り
 日本の美に触れて、和の心に浸ってみませんか。
 時間:13時~15時30分
 場所:3階 和のスタジオ
 出演:花柳流 葉昌栄会/泉流 徳千佳会/若柳流 柳永会/泉流 珠峰会/
    水木流 優吉会/日本舞踊と邦楽 藤清會/泉流 彩菜会/
詩吟 八戸岳智会/八戸小唄八幡馬のうた 雅会/

今月も、お待ちしております!

こんにちは。今日は八戸でも雪がつもりましたね。
来週末は、ものスタプチフェスティバルです。
チョコきらいなあの人へ・・・ 自分でつくったプチプレゼントは、いかがでしょうか?(^^)

2月14日(土)<体験>
●香りつき、バレンタインカード作り
●大好評!新聞エコバッグ作り
●スカーフ・バッグのハンドル作り(※)
●裂織の花瓶しき作り
●ココナッツオイルをつかった生チョコづくり(※定員に達した為、募集終了)

(※)イメージ図
20150206_01.png

そのほか、4階リビングカフェ空間では、「イチゴパフェ(ミニ)・パンケーキセット・スイーツプレート・フレンチトースト・シフォンケーキ・スコーン・珈琲・杏仁豆腐・あんぱん」など、プチフェスでしか、食べられないメニューも充実です。(^^)
20150206_02.jpg

【告知】はちのへ朝市ロボコン2月11日開催!

皆さんこんにちは。
2015年の八戸の冬は積雪のないまま、2月第1週が過ぎ去ろうとしていますね。
しかも今年はあまり寒いと思った記憶がなく、風もなく穏やかな天気だったり、降っても雨だったり、
自分史上最も穏やかな「八戸の冬」と思っているアラフォーはっちスタッフJです。
 
さて、はっちも2011年2月11日に開館し、もうすぐで丸4年を迎えるわけですが、
その2月11日に、「朝市」をテーマにロボットコンテストを開催します!
はっちでロボコンと言えば、ちょうど2年前の2月11日、
はっち開館2周年を記念して、アーティストのkosuge1-16さんの企画により「はっち流騎馬打毬ロボコン大会」が開催されました。

それがきっかけとなり、八戸をPRする内容をテーマとしたロボコンを市民の手で作り上げようということで
有志による実行委員会が結成され、昨年2月に「八戸せんべい汁」をテーマに第1回の市民ロボコンを開催、今年は2回目の開催となります。
今回は大人チームや小中学生の兄弟、友人同士、幼児とその保護者など、
バリエーション豊かな14チームが、八戸名物の「朝市」をテーマに、
ロボットで朝市のお店を巡り、商品(ピンポン玉)を集めて得点を競います。
先日は、ロボット制作ワークショップも実施して、
参加者は皆さんイメージを膨らませながら、それぞれ工夫を凝らしたロボットを作っていました。

20150205_1.JPG

20150205_2.JPG

参加者も見る人も思わず興奮してしまうロボコン、観覧無料、
好きなロボットに投票できますので、当日お時間のある方は、是非はっちへお越しください!

八戸市民ロボコン2015 はちのへ朝市ロボコン 市場へGO!
主催:八戸市民ロボコン実行委員会、八戸市(八戸ポータルミュージアムはっち)
2月11日(水・祝)13:00スタート
観覧:無料
詳しい情報はこちら

アーカイブ

Facebook

Twitter