先日の八戸いちごマルシェ&菓子祭りを皮切りに始まりました、はっちのクリスマス2016!クリスマス担当のmatsuです。
今日からの4日間、ギャラリー1では新たな展示とワークショップが開催されています。
「輝くビー玉の世界(マーブルアート)」

20161201-01.JPG

八戸ではあまり見られないワイヤーとビー玉を組み合わせたマーブルアート作品。
ワイヤーとビー玉という身近にありそうなアイテムでいろんな作品に形を変えています。
そのワイヤーのくくりつけ方法は特許技術らしい!

20161201-02.JPG

たくさんの作品が展示されているほか、初心者でも簡単に作れるワークショップも2種類体験できます。オープンからわずか数分で興味を持った来館者がどんどん参加してくれています!

20161201-03.JPG

光が当たるとまた違った輝きをみせるビー玉はなんとも美しいものです。
12月4日(日)までの開催となりますのでぜひ一度ご覧くださいませ。

はっちのクリスマス2016公募企画
【輝くビー玉の世界(マーブルアート)】
会場:はっち1階 ギャラリー1
時間:10:00~18:00
実施:いしとや久美子
※ワークショップ
 受付:10:00~12:30/14:00~16:30
 ①雪の結晶作り
  制作時間:約1時間
  料金:500円
 ②クリスマスリース作り
  制作時間:約2時間
  料金:1,500円
 ※小学生以下の場合は保護者と一緒にご参加ください。

はっちのクリスマス2016始まります!!

とにかく寒いですね、matsuです。

はっち市も終了し、今年も残すところはあのイベントのみとなりました!
「はっちのクリスマス2016」!!

20161124_1.png

ということで1か月のロングスパン企画、ざっくりと全体を紹介したいと思います。

まずは11月26日(土)・27日(日)に開催される「八戸いちごマルシェ&菓子まつり」。
今年はあのスイーツバイキングも復活し、すでに満員御礼となってはいますが「クリスマスケーキづくり体験」もあり、スイーツコンテストやスイーツ市場&カフェもあり、八戸いちごとスイーツの香りに包まれる2日間となります。
八戸いちご大福づくり体験など当日参加可能の企画もありますのでぜひ当日八戸いちごとお菓子を味わいにお越しください。

2つ目は1階シアター1で12月2日(金)~4日(日)に開催される「レトロゲームコレクション展2~ツーディーかスリーディーかそれがもんだいだ~」です。
こちらも去年開催し大変人気だった企画で今回は「ゲームの中の3D表現」をテーマとした展示が行われます。
そして、なかなか家庭では味わえないプロジェクターとスクリーンを使用した「超大画面ゲーム体験」も実施、子どもだけでなくお父さん世代も懐かしのゲーム名機に思わず興奮かも!?

3つ目は12月18日(日)17時から開演となる「コスプレイヤーズ・レビュー」
近頃八戸でもコスプレを楽しんでいる方々が増えてきているなか、はっちひろばでやっちゃいます。
どんな内容になるか、ぜひ当日自分の目で確かめ!楽しんでください!

4つ目は12月20日(火)~25日(日)に開催される「あなたに贈る写真展」
デーリー東北のカメラ女子部として活動する市民による写真展。
こだわり抜いた美しい写真からガラケーの携帯で撮影された日常の暖かさ溢れる写真まで、メンバーの個性溢れる写真展となりそうです。テーマは「贈りもの」。
初日には19時からメンバーによるオープニングフリートークも。

5つ目は12月20日(火)~25日(日)に3階ギャラリー3にて開催する「高橋橋みのるからくりアート展2016」。
はっち1階にあるあの「からくり獅子舞仕掛時計」を制作した高橋みのるさんによる、2016年の新作を含めた約30作品が展示されます。
実際にからくりを動かして遊べるものもありますのでその精巧な技術をぜひご覧ください。

そしてクリスマスの締めくくりを盛り上げるのは1階はっちひろばで開催される「クリスマス3daysライブショー」!!
12月23日(金・祝)~25日(日)までの3日間、ゴスペル、朗読、メタル三味線、日本舞踊と洋楽のコラボからジャズライブまで本当に多種多様なジャンルのライブが開催されます。
皆様、夜はおうちで美味しいディナー、なんて予定もあるでしょうからぜひ日中クリスマスの雰囲気を音楽で味わってみてはいかがでしょうか。計7組の出演です!

最後にお知らせするのははっちのクリスマスを盛り上げるべく、企画を応募してくれた2つのイベントの紹介です。
まずは12月1日(木)~4日(日)の4日間、1階ギャラリー1にて開催される「輝くビー玉の世界(マーブルアート)」。
八戸ではあまり馴染みの無いマーブルアート。当日はたくさんのマーブルアート作品のほか、実際に体験できるワークショップもあります。
体験は1時間~2時間程度で出来るのでぜひこれを機会にマーブルアートに触れてみてください。

たくさんお知らせしてきましたがこれが最後の紹介となります。
続いて12月23日(金・祝)・24日(土)の両日開催される「クリスマスパンケーキ作り」
23日は抹茶生地・24日はプレーン生地となり自分で好きなトッピングをすることができので、今年はクリスマスケーキ買う予定ないんだけど...なんて方はぜひ自分で作れるパンケーキを用意してみてはいかがでしょうか。
定員残りわずかです!

盛りだくさんでお送りする「はっちのクリスマス2016」!年末まで楽しくはっちで過ごしましょう!!

詳細はこちら⇒http://hacchi.jp/programs2/xmas2016/

はっち市無事終了しました

11/18~11/20の3日間、はっちがちっちゃな街になる屋内クラフト市「はっち市」が、出展者の皆さまや、足を運んでくださった多くのお客さまのもと、無事終了いたしました。
この場を借りて御礼申し上げます。皆さん、今年のはっち市をお楽しみいただけましたでしょうか? はっちスタッフりーもーです。
準備には多くの時間をかけましたが、始まってしまうと「アッと言う間」に終わってしまった感じです。そこで簡単にですが、振り返ってみたいと思います。

オープニングでは、こどもはっち「ぴよぴよダンサーズ」のお出迎え。
20161123-1.JPG

はっちひろばの賑わいの様子。
20161123-2.JPG

1~4階まで、約70組のクラフト作家による様々なクラフト作品が並び、展示・販売されました。20161123-3.JPG

20161123-4.JPG

20161123-5.JPG

4・5階には充実のフードコーナー。
20161123-6.JPG

20161123-7.JPG

あったかホクホク冬の外カフェ。
20161123-8.JPG

シアター1では、初企画のワークショップコーナー「ちっちゃな街のまなび舎~手しごと分校~」
放送スタジオでは、「はっち市放送局」が館内放送で賑やかに。
20161123-9-.JPG

ギャラリー2では、子どもたちに大人気「ちびっこアートひろば」
20161123-10.JPG

シアター2では、「写真 奥入瀬隠花植物の園」と11/19は「青葉市子ライヴinはっち市~不思議な市の青葉市子~」(画像は「写真 奥入瀬隠花植物の園」)
20161123-11.JPG

11/20のシアター2では「ちっちゃな街のまなび舎」(画像は「奥入瀬自然観光資源研究会ネイチャーガイド 河井大輔さんの講演の様子」)
20161123-12.JPG

ギャラリー3では、古道具&古民具展「ガラクタの逆襲」(毎日ギャラリートークも実施しました。)
20161123-13.JPG

和のスタジオでは、八戸の伝統工芸体験。南部裂織・南部菱刺に加え、今年は組子細工が登場しました。(画像は「組子細工体験」)
20161123-14.png

こどもはっちでは「こども商店街」(画像は、さかなつり)。
20161123-15.JPG

YAMさん率いる「ちびっこサンバ」。
20161123-16.JPG

大盛況で終わった「はっち市2016」、出展者の皆さま、来館者の皆さま、はっち市に携わった全ての皆さま、本当にありがとうございました!
また来年お会いしましょう!(事務局がんばるぞ!!) 以上、はっち市2016のご報告でした。

ものづくり集団 風土会展 開催中です!

みなさん、こんにちは。今日は68年ぶりのスーパームーンの日ですね!
どんな月を見られるのか楽しみなこびっきーです。

さて、本日は「第23回 ものづくり集団 風土会展」をご紹介します。

20161114-01.JPG

まずは、絵や木彫りのコーナー。

20161114-02.JPG

20161114-03.JPG

20161114-04.JPG

こちらは洋服やバッグ、アクセサリー、小物雑貨のコーナー。
なかでも、気になったのがこちらの作品。

20161114-05.JPG

これは、卵の殻で作られているそうです。
卵の殻で出来たとは思えないほど綺麗な作品がずらりと並んでいます。

20161114-06.JPG

これからの時期にピッタリな可愛いサンタさんもいました。

今回紹介した作品の他にも、まだまだたくさんの作品が販売されております。
16日(水)まで開催しておりますので、ぜひご覧になってみてはいかがですか?

■第23回 ものづくり集団 風土会展
日時:11月14日(月)~11月16日(水) 
10:00~17:00 最終日は16時まで
場所:1階 ギャラリー1

2016 正部家種康忌 第4回 南部弁の日

みなさま、はっちのめごいちです。
はっちがずっぱど南部弁~「うん、これァよごあんすナ~」の告知をいたします。
ごゆっくりご覧ください。

「第1章」 開催日 12月3日(土)
柾谷伸夫プロデュースによる、青森県南部弁・津軽弁・岩手県南部弁の語り部が一堂に会し、方言の魅力を探ります。
1.「小中学生による南部弁でアフレコに挑戦。」
(プロの声優さんと一緒に映像に合わせてアフレコをします。)
※参加したい小中学生(小3以上)は、応募用紙がありますので、八戸市公民館にお問い合わせください。(担当:公民館館長・柾谷伸夫まで)
会場:1階はっちひろば
時間:13:00~15:00
入場料:無料
2.「たくさんの南部弁昔コを楽しみましょう。」
・八戸市立明治中学校1年生全員による郡読(伝三郎長者)と演劇(キツネとカワウソ)をご鑑賞いただけます。
・八戸市公民館南部昔コ語り部養成講座受講生・他による南部弁昔コ語りを発表します。
会場:1階はっちひろば
時間:15:30~17:00
入場料:無料
3.「南部弁サミットin八戸2016」
・青森県南部弁・津軽弁・下北弁・岩手釜石弁 他の方々が、一堂に会して方言サミットを開催します。
会場:2階シアター2
時間:18:30~20:30
入場料:無料(但し、整理券が必用になります。)
※整理券は八戸ポータルミュージアム はっち1階インフォメーションにて配布中です。
20161109_1.JPG

20161109_2.JPG
※写真は去年の様子

「第2章」 12月4日(日)
【南部弁バラエティーシアター全員集合!】
十日市秀悦がお気に入りの南部弁、南部人をはっちに集結!
南部弁満載トーク、コント、踊り、体操、歌声バラエティーショー!
今年の南部弁の神様は瀬川さとし大権現!
今年もずっぱど笑って、ほろっとしてけんだ、なっす!
こんな調子で、大爆笑間違いなし!そして、今回も2回公演です。

会場:2階シアター2
時間:①公演14:00~16:00 ②公演17:00~19:00
入場料:2,000円(高校生以下1,000円)※当日500円増
※チケットは八戸ポータルミュージアム はっち1階インフォメーションにて販売中です。

・出演は、南部の大御所・瀬川さとし、若手の・あどばる~ん、落語大好き・大地球、いつも元気な・西塚繭子、希望の・夢子、のんきな・のんちゃん、爆笑伝説・十日市秀悦、お楽しみゲストが続々!

20161109_3.JPG
※写真は去年の様子

以上のような内容で、大爆笑炸裂ですからね。
是非ともご来場いただき、南部弁の再認識をしていただければ幸いです。~へばな~!

森のめぐみ展始まりました!

今日と明日の二日間、県産材フェア「森のめぐみ展」が開催されています。
青森県産材の良さを知ってもらおうと、毎年はっち全館で開催される、大規模な展示です。

20161105-01.JPG
オシャレで安全な防護服のファッションショー。

20161105-02.JPG
子供達が木と触れ合うことのできる遊び場。

20161105-03.JPG
番長スクエアに大きなプールが出現!カヌー体験ができます。

20161105-04.JPG
4Fこどもはっちでは、今までになかった木のおもちゃが加わっています。

20161105-05.JPG
外では薪ストーブがずらりと並び、暖をとれる他、マシュマロ焼きが楽しめます。

20161105-06.JPG
お腹がすても大丈夫!1F各所でフード販売をしています。またお野菜などもお安く販売しています。

20161105-07.JPG
森のアウトドアを楽しみましょう、ということでこんなキャンピング用品も販売しています。

館内は着ぐるみさんたちが回遊していますし、子供向けのワークショップも多彩で、開始早々多くの家族連れで賑わっています。
滅多に見ることのできないチェーンソーアートも迫力満点の制作風景を間近で見ることができますよ。ぜひご来館ください。

森のめぐみ展 in はっちvol.6
11月5日(土)10:00〜17:00
11月6日(日)10:00〜16:00

11月も和日カフェやりますよ

みなさん、こんにちは!
食欲の秋・・・通り越して寒くなっちゃいましたね。。
と言いつつ、年がら年中食欲全開(でも今日は長袖です!)のアヤタスより、和日カフェ11月のお知らせです。

11月は18日(金)~21日(日)で「はっち市2016」が開催されるため、和日カフェは第2週の13日(日)10:00~16:00の開催です。

今月は3企画!

20161104_1.jpg

①浮世絵で楽しむお茶席
江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎(かつしかほくさい)制作の「神奈川沖浪裏」(富嶽三十六景)や歌川国芳(うたがわくによし)制作の「玉取り」など精巧な複製を鑑賞しながら、お抹茶を楽しんでみませんか?
時間:10:00~16:00
場所:3階 和のスタジオ
体験料:300円(和菓子付)
実 施:岡田茂吉美術文化財団八戸支部
     
②折り紙で作る「連獅子」
お正月飾りにも使える連獅子を、折り紙で作る体験を開催します。
時間:10:00~16:00
場所:3階 八庵
体験料:500円
定員:30名 ※事前予約なし・先着順
実施:岡田茂吉美術文化財団八戸支部

③おうちでできる季節の野菜漬物教室
20161104_2.jpg
かぶや白菜など、これからがシーズンの漬物を、おいしく簡単に作る方法や、漬物の豆知識を学べる教室です。即席漬けも、自分で作っておにぎりと一緒に試食してみましょう。
時間:11:00~13:00
場所:4階 食のスタジオ
持ち物:エプロン、三角巾、筆記用具
料金:600円(おにぎり・即席漬け・持ち帰り用漬物代含む)
定員:15名
講師:村田 文子さん(きたむら食堂店主)

食欲の秋も、芸術の秋も満喫できる1日です♪
いつもより1週はやい13日の開催なので、お間違えのないようにいらしてくださいね★

はっちのクリスマス企画紹介その1

ガタガタブルブルするような寒い日が続いていますね。
11月に突入し今月はあの大型企画「はっち市」がやってきます!
そして、僕が紹介したいクリスマスの企画もその後すぐやってきます!
ということで今回は2回に分けて「はっちのクリスマス2016」のイベントを紹介したいと思います。

まずスタート企画として11月26日(土)~27日(日)の2日間開催される「八戸いちごマルシェ&菓子まつり」。
今年は新作八戸いちごスイーツの発表会から大人気企画の八戸いちご親子クリスマスケーキづくり体験、そして今年はスイーツバイキングが帰ってきました!
ケーキづくりはすでに定員になってしまいましたし、スイーツバイキングのチケットも残り僅かとなっているのでお早めにお申し込みください。

20161102_3.JPG
※写真は、前回開催のスイーツバイキングの様子

次に紹介するのは12月1日(木)~4日(日)に開催される市民公募企画「輝くビー玉の世界(マーブルアート)」です。
ワイヤーにくくりつけられたビー玉がなんともキレイな輝きを放っており、一見難しそうにも見えますが期間中は手軽なワークショップも開催予定です。

20161102_1.jpg

そして帰ってきましたあの企画「レトロゲームコレクション展2」!
今回はレトロゲームの他に「ゲームの中の3D表現」をテーマに展示が行われます。
あの超大画面ゲーム体験も復活です!

20161102_2.JPG
※写真は、前回開催の様子

そして最後に紹介するのは、すでに定員のため募集が終わってしまったイベントになりますが、「南郷の洋食屋さんナンゴーニュに教えてもらうクリスマス教室」です。
募集開始からわずか数日で定員に達したのですが、ナンゴーニュさんの注目度が窺えますね!

次回はクリスマス企画後半戦をお伝えします。
乞うご期待!以上、クリスマス男matsuでした。

【はっちのクリスマス2016】
八戸いちごマルシェ&菓子まつり
・開催日:11月26日(土)・27日(日)
・場所:1階全域、5階共同スタジオ
・実施:八戸市農業経営振興センター、八戸菓子商工業組合、八戸商工会議所

市民公募企画「輝くビー玉の世界(マーブルアート)」
・開催日:12月1日(木)~4日(日)
・場所:1階ギャラリー1
・実施:いしとや久美子
《ワークショップ》受付時間:10:00~12:30/14:00~16:30
①クリスマスリース作り
 製作時間:約2時間
 体験料:1,500円
②雪の結晶
 製作時間:約1時間
 体験料:500円
※事前申込は不要です。小学生以下のお子様は、保護者の方とご参加ください。

レトロゲームコレクション展2 2D or not 3D
~ツーディーかスリーディーかそれがもんだいだ~
開催日:12月2日(金)~4日(日) 13:30~17:00
場所:1階シアター1
実施:RFユニット

南郷の洋食屋さん「ナンゴーニュ」に教えてもらうクリスマス料理教室
開催日:12月4日(日) ①11:00~②14:00~
場所:4階食のスタジオ
参加者:各回10名 ※すでに定員に達しました
参加:1,000円(材料費込み)
講師:ナンゴーニュ 長瀬 光司さん

【舞台監督】
舞台上で行われるコンサート・イベント・演劇などで、演出家の意向を汲み、その伝えたいイメージを具現化するスタッフの調整・指揮・進行管理をする責任者である。
スタッフの間では「ブカン」「ブタカン」と呼ばれる。
(wikipediaより)

IMG_6207.JPG

IMG_6208.JPG

IMG_6209.JPG

IMG_6210.JPG

はちのへ演劇祭担当、はっちのにゃんちゅ~です。
前回から、はちのへ演劇祭に関わる人に突撃インタビューしている「出演者さんいらっしゃい」。
今回は、個性派ぞろいの第五回はちのへ演劇祭メンバーをガッチリまとめる我らが最強ブカン、田中稔さんの登場です。
一言自己紹介⇨「Tバック、最近はいてません」


にゃんちゅ~(以下:に):
はちのへ演劇祭の立ち上げから関わってこられた稔さんですが、第五回の特徴を教えてください。
田中稔さん(以下:稔):
今回は、東京からプロの役者を招聘しているのが、何より大きなポイントですね。
そもそも地方ではなかなか見る機会すら少ないですから。それが今回は、見れるだけじゃなく、第一線で活躍している役者たちが、ワークショップで集まった八戸の有志たちと一緒に芝居を作り上げる。
これは本当におもしろいと思いますよ。

に:
なるほど。芝居を見られる機会が地方だと少なくなってしまうんですね。
稔:
そう。でも、もともとは、八戸は芝居小屋が多かったんだよ。
はっちの向かいにも、セゾングループの緑屋っていうのがあって、そこの5階にパラボラっていうハコがあって。本当にいろんな芝居が見れたし、東京からも様々な劇団がきてたし。いろんなつながりもあったんだろうね。
でもそれが、バブルがはじけた頃からだと思うけど、みんな忙しくなって、時間に余裕がなくなって。
芝居をやる人もみる人もどんどん少なくなっていった。そうすると、小屋も減っていくでしょ。
だから、やりたい!とか、みたい!って思っても、芝居にのめりこめる場がどんどんなくなっていっちゃった。

に:
そうか、以前はのめりこめる環境が整っていたんですね。
稔:
そう。だからまず、みるお客さんを育てたい、という気持ちはあります。
芝居と気軽に接せられる場所をつくりたい。
だから、パラボラとそっくりなスケール感の、はっちシアター2ができたときは本当に嬉しかったなあ。八戸の芝居の活気をまた取り戻すきっかけになるかもしれない、って。
そこから、「はちのへ演劇祭」をはじめることになるわけですけど。

に:
稔さんご自身が、そこまで掻き立てられる芝居の魅力って何なんでしょう?
稔:
あのね、芝居は「リアル」なんです。まあ作られたものだから、非現実ではあるんだけど。
でも、目の前で人が動き、汗をかく。
もっというと、例えば芝居小屋に入るワクワク。まず空間や雰囲気を感じるなんていうのもそう。
SNSやインターネットが発達する今は、人と接せなくてはいけない機会って少ないでしょ?
そんな時代だからこそ、いろんな感覚で直に、人間を感じてほしいと思います。
目の前で起こることをいろんな感覚で得る情報量は、テレビなんかとは比べ物にならないほど多い。
その感動は、芝居ならではの魅力だと思います。

に:
なるほど、リアルに目の前で動くからこその感動があるわけですね。
稔:
はい。
これは自論なんだけど、共感は感動ではないと思うんです。
感動とはむしろ、「新しい芽生え」みたいなもの。自分になかった価値観とか視点に、ドキドキしてしまうことなのではないだろうか。

に:
稔さんご自身で、そんな経験が?
稔:
たとえば寺山なんかは、内容はよくわからないんだけど、どこかドキドキしない?そんな感じ。
自分の場合は、いろんなドキドキがあったけど、中でも30代前半だったころ。汐留の駅舎跡の、今みたいに開発される前、なーんにもない場所に線路だけがある土地で行われた芝居。
新宿梁山泊、これは唐十郎の紅テントからの流れの役者が多く、今テレビで活躍している六平直政などがいた劇団だけど、その旗揚げ公演があったんです。「カルメン夜想曲」(1987年公演)。
線路を跨いで芝居テントが張ってあって。客がトロッコに乗って線路できたかと思えば、逆方向のずーっとむこうの方から、ステージを押して役者がわーって走ってくるんだよ。
もうあの驚きとか、ドキドキとか、本当に度肝をぬかれた。
自分の発想にまるっきりなかったものとの出会いだったなあ。
そんな体験をすると、じゃあここをこうすればもっとおもしろいんじゃないか、とか、こういうこともできるんじゃないか、とか。
自分の場合は芝居に還元することも多かったけど、それは必ずしもみんなが芝居に還元する必要はないと思うんです。
それまでの自分になかったものの体験をして、自分の生活に戻った時に、いろんなところで刺さるものがあると思うし、それを体験しない人生とはまるで違う。
それが、芝居の大きな魅力のひとつだと思うし、だからたくさんの人にみてほしいなあって思ってます。

IMG_6212.JPG

いつもみんなを笑顔にしてくれる、サービス精神旺盛な稔ブカン。
でも今回はいつもとは少し違う、アツい部分を垣間見た気がします。
それは、演劇というものを通じて社会を見つめ、演劇を通じて伝えようとしているような気がしました。
演劇素人のにゃんちゅ~ですが、演劇祭を見る前からすでに、ちょっと感動してしまいました。

そんなアツい人たちが作り上げる「第五回はちのへ演劇祭」、チケット好評販売中です!!

-----------------------------
【第五回はちのへ演劇祭】
公演日程/11/10~11/13
※公演日によって公演時間が異なります。
公演場所/八戸ポータルミュージアムはっち2階シアター2
はっちインフォメーションにてチケット好評販売中!!
はちのへ演劇祭公式HPは⇨コチラ(外部サイト)

はっち市までもう少し!

こんばんは!はっち市担当tomeです。
屋内クラフト市「はっち市」(11/18~11/20)まで、約3週間となりました!
はっち市に伴い、臨時休館日と開館時間が変更となりますので、まずはそちらをお知らせいたします。

【臨時休館日&開館時間変更】

11/16(水) 9:00~17:00 
11/17(木) 臨時休館日
11/18(金) 12:00~20:00(こどもはっち12:00~18:00)[はっち市1日目]
11/19(土) 10:00~18:00(こどもはっち10:00~18:00)[はっち市2日目]
11/20(日) 10:00~17:00(こどもはっち10:00~16:30)[はっち市3日目]
11/21(月) 臨時休館日

※16日~21日の間は、通常の開館時間とは異なりますのでご注意ください。

そして、改めて「はっち市スペシャルライヴ」のお知らせです!
「青葉市子ライヴinはっち市~不思議な市の青葉市子~」
11/19(土)開場18:00 開演18:30~
チケット:前売り3,000円 当日3,500円
※はっち1階インフォメーションで発売中!

CMでも青葉さんの歌声や演奏を聞いている方は多いはず。
(ド○モ、キュー○―、タ○ホームなど・・・!)
八戸でこの歌声を聴けるビックチャンスです。この機会をお見逃しなく!!

青葉市子チラシ(表) (1).jpg

青葉市子チラシ(裏) (2).jpg

アーカイブ

Facebook

Twitter