12月17日の日曜は今年最後の「和日カフェ~日本文化に親しむ日~」

こんにちは。はっちスタッフのYY!です。
昨日は八戸にも雪が舞い、道路は渋滞、歩道もところどころ凍っていて、ワタクシ、用心深くヨチヨチ歩きをしていました。
我ながら過剰なへっぴり腰になっていましたが、転びたくないんですもの!
背に腹は代えられませぬ...。
忘年会シーズンのこの頃ですが、皆さまくれぐれも足元にもお気をつけくださいね。

さて、今週末に開催される今年最後の「和日カフェ~日本文化に親しむ日~」をご紹介します。
12月は師走、なにかと忙しい時期ですが、はっちではゆったりとした日曜をお過ごしいただけますよ。

■悠久のデザイン文字
・第11回岩手篆刻協会八戸展 9:00~16:00、観覧無料
・落款印づくり体験 10:00~15:00(受付は14:30まで)、1個300円
 実施:岩手篆刻協会八戸展
篆刻・書・刻字の作品を約70点展示します。
書と彫刻が融合した繊細な工芸美術を間近でご覧いただけますので、ぜひどうぞ。
そして篆刻体験もあります。約1cm角の落款印が作れるんです。
岩手篆刻協会の会長・堀内せいらん青巒先生が来八する教室にお邪魔して、体験してきましたので、リポートします。

tenkoku.jpg

体験は通常、名前のひらがなを1-2文字を篆書体にしてデザインするそうですが、私の場合、漢字が面白そうだねとお見立てをいただき「文」の字に挑戦。
しょうざん肖山こう紅せき石という素材をいん印しょう床という専用の台に固定して、慎重に彫っていきます。
予想していたより取組みやすく、20分程で彫れました。が、やはりそこは素人ゆえ彫が粗く...仕上げは先生が整えてくださいました(笑)。
ハガキのほか、ちょっとしたメッセージカードやポチ袋などにも映えますよ。

■温故知新
・つまみ細工のアクセサリー作り 10:00~16:00 1個700~1,300円
 実施:花鳥風月堂
つまみ細工は小さく切ったちりめんの布を折りたたんで作った花びらパーツを、いくつか組み合わせて花飾りにする伝統的な布細工です。基本の作り方で花を一輪つくります。

WS_見本.jpg

こちらは和日カフェのスタッフ全員で挑戦してみました。
色とりどりの布地の組み合わせに迷いに迷い...楽しいワークショップです。
男子だって頑張ります。男性のみなさん、大切な方への冬の贈り物にいかがですか?
最後に好みのパーツをつけてアクセサリーに仕上げましょう。

tsumami.jpg

■chanoyu
・お茶席deメリークリスマス! 11:00~15:00 一服300円
 実施:表千家 青森県青年部
日本の伝統文化「茶の湯」を、12月はクリスマスの趣向でおもてなしです。

chanoyu.jpg

こんなクリスマス仕様の茶器もお目見えします。ちょっと立ち寄って一服も良し、じっくりとお点前を鑑賞したい方も大歓迎です。目にも楽しいクリスマスのお茶席、お子様もぜひお気軽にどうぞ。chanoyuでクリスマスの足音を感じてみませんか?

※いずれも予約は不要ですが、混み合う時はお待ちいただくこともあります。あらかじめご了承くださいませ。

それでは、12月17日(日)、「和日カフェ」にてお待ちしております。
和日カフェ12月

フォローよろしくね♪

(はっち広報アカウント)

アーカイブ

Facebook

Twitter