玉蓮・彩雲 ふたり展

お久しぶりです!はっちスタッフOBOです!

本日は、はっちひろばで開催されております、『玉蓮・彩雲 ふたり展』をご紹介したいと思います!

20161028_1.JPG

皆さんは書道と聞いてどんなことを思い浮かべますでしょうか?
僕は小学生の頃の授業を思い出しました。
ですが、今回開催されております書道展で、そんなイメージが一新されるほどの衝撃を受けました。

20161028_2.JPG

20161028_3.JPG

先生にお話をお伺いしたところ、書の伝統的なところと、今の人たちにも通じる現代性を大事にされているとのことです。
たとえば掛け軸といえば、比較的暗めな色を好みがちですが、先生の作品は切れ込みのアクセントをいれたり、作品に応じて額縁を厳選されています。
そのことで、同じ書でも全く違う表情をみせるのだとか。
なかには、メタリックな墨を使うことで、光の加減で様々に変化する大作も展示してあります。

20161028_4.JPG

日本の伝統文化を感じつつ、先生お二方の創造力に満ちた作品で芸術の秋を満喫してはいかがでしょうか?

20161028_5.JPG

『玉蓮・彩雲 二人展』は、
はっち 1階 はっちひろば
10:00~18:00(最終日10/30は17:00まで)

の日程で開催されております!

フォローよろしくね♪

(はっち広報アカウント)

アーカイブ

Facebook

Twitter