はっち市出展者紹介<たけぞう>

岩手県盛岡市の地元の工業高校を卒業し、車の内装デザインを7年経験
した後、地元に戻り木工に携わって
20年。

椀等の木地制作、拭漆、木工の加工、店舗運営経験ののち4年後独立。
「木と書と器」をテーマに小岩井農場の自宅横に工房を構え、早朝の
静かな時間に漆塗りをし、日中は木工屋さんを毎日楽しく仕事にして
いる武田孝一さん。

「書」から「加工」までオリジナルの筆文字で「書」を提案する『木
の表札』は、時と共に飴色へと変わり味わいが出る表札です。

26_blog01.png26_blog02.png

可愛らしい独特の筆文字は目を引きます。自分の表札も作ってほしい!
と思ってしまいますよね。

そしてこちらは名前札。こんなオリジナリティあふれる名前札だと、
つけているだけでハッピーになれそうです。

26_blog03.png

ちびっこから大人まで惹きつける、手作り感いっぱいの作品はぜひ
直接その目で見て、触れて楽しんでいただきたいものです。

26_blog04.png

漆器は、椀はもちろんですが、特に酒器を増やしているのだそうです。

はっち市では、竹のぐい呑みから麦酒杯まで新作を発表というのです
から、来ないわけにはいきませんよ!

武田さんにとって八戸は近いようで遠いイメージとのこと。初めての
クラフトだそうなので、出会いと会話を楽しみにいらしてください。

HPはこちら

フォローよろしくね♪

(はっち広報アカウント)

アーカイブ

Facebook

Twitter