はっち市出展者紹介<草風舎>

岩手県で陶芸を営む「草風舎」の菅野文哉さん。急須を作るのが好きで、
漆と陶土の融合をめざしているそう。


こちらは漆蓋ポット。蓋に漆を焼付けた炭化のポットです。

03_blog01.jpg

なんとも可愛らしいデザインです。
こんなおしゃれでかわいいポットでお茶を淹れたら、それだけで気分が
高揚しますね。


そしてこちらは線刻一輪挿し。

03_blog02.jpg

三面を活かし柔らかな線の象嵌(ぞうがん)をしたとのこと。

ちなみに象嵌とは、工芸技法のひとつ。象は「かたどる」、嵌は「はめ
る」と言う意味で、一つの素材に異質の素材を嵌め込むと言う意味だそ
うです。


日本刀の拵えや甲冑、根付や重箱などにも使われる技法だそうですよ。

伝統を活かし、新しい形を追求していきたいと語る菅野さん。
温故知新の心を持ち続ける菅野さんの作品は、まるで何かを語りかけて
くるような、そんな魅力に溢れています。ぜひ菅野さんと、作品たちに
会いに来てください。

フォローよろしくね♪

(はっち広報アカウント)

アーカイブ

Facebook

Twitter