細〜〜〜〜い! 小笠原渓雲 細字画展

 こんにちは!毎日寒い日が続きますね。風邪予防にみかんをいっぱい食べているNYです。
本日より第29回国際架橋書道展審査員特別賞 受賞 小笠原渓雲 細字画展が始まりました。

20170122-01.JPG

20170122-02.JPG

20170122-04.JPG

細字画というのは細い字をいっぱい使って字や絵を描くこと。
こちらはお米や白ごまに書が書いてあります。

20170122-03.JPG
小さい文字で大きな文字が作られているので、受付でルーペを借りましょう。
「福」は福という字1321文字で書かれているんですよ。

20170122-05.JPG

こちらは先生のお気に入りの「心」。夕食をとった後3時間〜5時間かけて書くこと1か月。たくさんの「心」という文字で構成されているため、一文字でも間違ったらやり直し。何十枚失敗したかわからないそうです。

20170122-06.JPG

絵は「寿」という文字で書かれており、3か月かかったそうです。下絵はなく、一発勝負で書き始めるのだそう。もともと絵心もあるそうで、その出来栄えも納得です。

20170122-07.JPG
美しい文字で構成された字や絵の数々を、ぜひご観賞ください。

第29回国際架橋書道展審査員特別賞 受賞 小笠原渓雲 細字画展
日時:1月22日(日)〜25日(水)9:00〜18:00
場所:1階シアター1
料金:無料

フォローよろしくね♪

(はっち広報アカウント)

アーカイブ

Facebook

Twitter