はっち魚ラボ 写真家の田附勝さんのプログラムがスタート

みなさんこんにちは。
最近、魚食中心にシフトしたはっちスタッフのnabeです。
なんとなく調子が良いような...。

先日からこのブログでお伝えしている「はっち魚ラボ」
八戸の魚文化・海文化に焦点を当てていくプロジェクトです。

その中でもひとつの柱になっているのが「写ギョッ」
写真家の田附勝さんが、八戸の魚を獲る人、魚を食べる人、海の文化などを撮影し、最後に展覧会を開くというもの。

■田附勝さんウェブサイト 写真作品もご覧になれます。
http://tatsukimasaru.com/

田附さんは「東北」(2011)という写真集で、木村伊兵衛賞を受賞した注目の写真家です。
「東北」の奥深くに存在する独特の暮らしや民俗に迫ったその写真は、単なる風物の記録や紹介を超え、それを受け継いできた歴史、土地の空気まで伝わってくる傑作です。
また、デコトラに迫った、こちらも傑作「DECOTORA」も有名です(ちなみに八戸はデコトラの発祥地!)

20140522-1.jpg

20140522-2.jpg

そんな田附さんが今回、八戸の海・魚文化に迫ります。
田附さんは今月14日から19日にかけて、はっちのレジデンスに最初の滞在を行いました。
滞在中、沿岸部の漁師さんや釣り人、中心街の魚屋さんなどを取材。朝市や浜小屋なども見学しました。
多くの方のご協力を得て、いままで知られることのなかった、八戸の海の暮らしの姿が、田附さんのカメラを通して作品化されます。

20140522-3.jpg

20140522-4.jpg

展覧会は来年を予定しています。
今後の動きも報告していきますので、ご注目ください!

※「はっち魚ラボ」6月9日(月)のRe-fish 上田勝彦さん(元漁師で水産庁職員)のトークもお見逃しなく!
http://hacchi.jp/blog/2014/05/post-385.html

フォローよろしくね♪

(はっち広報アカウント)

アーカイブ

Facebook

Twitter