はっちAIR2021「えんぶりえぼし、ゑぶりする」

はっちAIR2021「えんぶりえぼし、ゑぶりする」をシェア

はっちAIR2021「えんぶりえぼし、ゑぶりすり」

春を呼ぶ豊年祈願のお祭り「八戸えんぶり」はこれまでどんな歴史を辿ってきたのか、祭りの起こりや、衣装の変遷などを取材し、えんぶりにまつわる作品を制作します。えんぶりの歴史を探りながら、当時の人々の暮らしや想いを紐解いていきます。

アーティスト: 杉原 信幸×中村 綾花

杉原 信幸×中村 綾花

美術家の杉原信幸と帽子作家の中村綾花によるアーティストユニット。長野県在住。杉原は2010年より毎年夏に開催される長野県大町市主催の「信濃の国原始感覚美術祭」でアートディレクターを務めており、帽子作家である中村とともに民俗学的なフィールドワークによってアートと生活を結びなおす、身体感覚と土地の記憶を呼び覚ます創作を行う。

市文化01
市文化02
市文化03

オープンアトリエ開催!

はっち館内で市民の方と交流しながら作品制作を進めるオープンアトリエを開いています。
作品となる刺し子のワークショップや、八戸やえんぶりについてお話ししながら、訪れたみなさんと同じ時間を過ごし、作品のイメージを広げながら制作を進めていきます。

募集中!※申込不要・参加無料

1一緒に「刺し子」をしませんか?

オープンアトリエで「刺し子のワークショップ」を開催します。
施した刺し子はえんぶりに関する展示作品の一部として使用されます。

裁縫がはじめての方でも、短時間しか参加できない、という方でもOKです。お気軽にご参加ください!

2不要な着物募集中 ※募集終了しました。

ご家庭で不要になった着物や帯を募集しています。お持ちいただいた着物や帯は展示作品の一部として使用します。
募集期間:~12月24日(金)まで
内容:着物、浴衣、帯、反物、旗 など

※アーティストが不在の際は 1 階インフォメーションへお預けください。
※お預かりした物の返却はできません。
※布の状態により作品へ使用できない場合があります。予めご了承ください。

オープンアトリエ、ワークショップの開催はSNSでお知らせします。