八戸市市政施行88周年 88(やや)異国プロジェクト短編映像

88(やや)異国プロジェクト短編映像公開のお知らせ

88(やや)異国プロジェクトとは・・・

平成28年5月に初めて八戸市を調査に訪れた東北芸術工科大学(山形市)の企画構想学科・映像学科混成の学生チームが、「八戸は他の東北とは違う印象。日本海側とは空や海の色が違い、人も開放的だ」「どこか外国、異国のような開けた雰囲気がある」と印象を受けたことをきっかけに、その学生たちの印象と、市制施行88周年を掛け合わせ、「88(やや)異国プロジェクト」と称したプロジェクトを始動しました。

神戸、横浜、長崎といった、誰しも想像する異国情緒漂う観光都市とは異なるものの、様々な外国の容貌を「やや」見せるまち、八戸の魅力を発信するこのプロジェクト。

「八戸って何か変?」「八戸って面白そう」「東北にこんなところがあるの?」という興味を持ってもらえるような映像を制作し、八戸を訪れたことがない人たちに来訪動機を持っていただくことを目的としています。

このプロジェクトの始まりとして、種差海岸・工場・横丁といった八戸の魅力溢れる地域資源をPRする3編の短編映像を制作いたしました。

「八戸にこんなところがあるの?」という疑問符が強力に心を掴み、八戸に行ってみたいと感じさせる「八戸の予告編」をどうぞご覧ください。

 香港編

YouTube:香港編 https://youtu.be/8QXl4PsJybo

 フランス編

YouTube:フランス編 https://youtu.be/qa5xxHERC8E

 アメリカ編

YouTube:アメリカ編 https://youtu.be/KDSrkNd67_Y