ビブリオバトルin八戸、予選は9月12日(土)!

台風も近づいて秋本番、田んぼでは稲穂が頭を垂れる季節となりました。日々、謙虚にいきたいですね。はっちスタッフnabeです。

さて、秋といえば「読書の秋」ですが、八戸では本のレビュー=書評を戦わせる「ビブリオバトルin八戸」の予選が今週開催されます。
http://feature.daily-tohoku.co.jp/biblio/2015/biblio.htm

フェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/bibliobattle.hachinohe

20150909-1.png


ビブリオバトルは京都大学から始まった読書会の形式です。
参加者それぞれが紹介したい本を選んで、その書評を発表するというプログラムなのですが、それを聞いた観客が「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を行なって、最多票を集めたものを「チャンプ本」とする知的な競技です。


八戸でも昨年からスタートし、高校生から高齢の方まで多くの方が「自分の一冊」を熱く紹介していました。


そして今年もその大会がやってきます。
今週土曜日、12日には、はっちとデーリー東北で予選が開かれます。

-------------

■大学生・一般の部 10:00~
デーリー東北新聞社6階メディアホール
(八戸市城下1-3-12)         

■高校生の部 10:00~
八戸ポータルミュージアムはっち 5階共同スタジオ
(八戸市三日町11-1)

-------------

今年も様々な立場の方が参加されます。この予選を勝ち抜いた出場者が、11月14日にデーリー東北で開催される決勝戦に進むことができます。決勝戦では世代がミックスされて対決が行われます。

観覧は無料となっていますので、「大学・一般の部」「高校の部」どちらか選んでご観覧ください。
(会場が別なので気をつけてくださいね!!!)

予選と侮るなかれ、書評と侮るなかれ、知的に白熱した空間は他にはかえがたい魅力を持っています。
ちょっと気になる、いつか出てみたいという方から、単純に本がすきというかたまで、多くの方のご来場をお待ちしています!

読書の秋、たくさん本をよみましょー!

※「ビブリオバトルin八戸」はデーリー東北新聞社と八戸学院大学の共催事業です。八戸市はこの事業に協力しています。

フォローよろしくね♪

(はっち広報アカウント)

アーカイブ

Facebook

Twitter