【報告】アルバムのチカラ 展示&トーク

20150618-1.JPG

はっちスタッフのnabeです。
約2週間にわたって開催した[アルバムのチカラ]八戸展が17日に終了しました。お越しいただいたみなさまありがとうございました。
http://hacchi.jp/programs2/arubamunochikara/index.html


東日本大震災の津波被害を受けた写真を洗浄し、もとの持ち主へ返す活動を行った方々を追った書籍[アルバムのチカラ]。
震災後の混乱した状況の中でいちはやく"写真"の重要性に気付いた人たちのドキュメントであり、「写真とは何か」ということを問いかけてくる書籍です。

6月1日から17日まで開催した展覧会は、自身もその活動に参加しながら写真記録を行った浅田政志さんの写真と、書籍の中のテキストで構成されています。

20150618-2.JPG

20150618-3.JPG

20150618-4.JPG

写真とテキストから、活動する方々の想いと現場の雰囲気が伝わってくる展示でした。
会場アンケートの中には「切ないけれど、暖かい気持ちになった」というコメントも書かれていました。
新聞やテレビでも情報を流していただき、多くの方々にお越しいただくことができました。

20150618-5.JPG

そして、13日は、「アルバムのチカラ」の著者である、編集者の藤本智士さんと浅田政志さんによるトークイベントを開催しました。
震災後、この活動の重要性にいちはやく気付き、活動に参加しながら、東北を回って現場を見てきたお二人。「アルバムのチカラ」の写真をスライドで見ながら、書籍に書かれていない現場のお話も語っていただきました。
トーク後には「アルバムのチカラ」の販売とサイン会を開催しましたが、多くの方が書籍を購入され、藤本さん浅田さんと言葉をかわしていました。

東日本大震災から4年。
あれほどの甚大な被害も、時がたつにつれて記憶がすこしずつ消えていきます。
「アルバムのチカラ」は、震災の記憶に新たな角度から光を当てました。
忘れないこと、思い出すこと、当時見えなかったものを見ること。
この展示とトークを通して、ご覧いただいた方々の心に何かが伝わっていれば幸いです。

フォローよろしくね♪

(はっち広報アカウント)

アーカイブ

Facebook

Twitter