鈴木義勝水彩画展〜透明水彩絵の具で描く 青森県の四季〜

 

秋になりましたね〜。

季節の変わり目には、何か新しいことを始めたくなる

始めたがり屋、広報担当おいしです。

そんな私、最近は収納術にハマってしまい

連日家の収納を考えている日々でございます。


 


 

さてさて、秋といえば、【芸術の秋】。

食欲の秋に走ってしまいそうな私ですが

今日は、【芸術】に触れてきました☆


 


 

本日より3階ギャラリー3にて開催中の

『鈴木義勝水彩画展〜透明水彩絵の具で描く 青森県の四季〜』

にお邪魔してきました!!

 

 

20130906_1.jpg

 

埼玉県出身の鈴木さんは、幼少の頃から絵を描かれ

 

日本大学藝術学部時代には油絵を専攻されていたそうです。

ご結婚を機に青森へ移住され、

これを機に本格的に水彩画を始められました。


 


 

鈴木さんの絵は、見ていてどこか懐かしい気持ちになりました。

それは青森県の風景を切り取り

鈴木さんというフィルターを通して描かれたものだからだと思います。
 

 

20130906_2.jpg

 

 

 

20130906_3.jpg

 

"第三者的な目をどう感じるか"

 

それを考えるようになり、鈴木さんの中で絵が変わったそうです。

自己満ではなく、絵を見てくれる方が満足する絵を描くこと

このことを心がけているからなのか

鈴木さんの絵からは優しさや懐かしさ、温もりや穏やかさを感じます。

 

 



20130906_4.jpg

 

 

20130906_5.jpg

 

八戸で個展を開催するのは今回が初。

 

今回八戸で開催するにあたり、種差海岸の絵も展示されています。

こちらは311日の震災前に取材したもので

震災後もこの岩は無事でいたことに

長い時を超えて生き抜いてきた姿に、力強さを感じ、

復興への勇気や希望を感じたといいます。

 

 


 

 

 

そのほかにも青森の四季を感じる作品が数多く展示されています。
20130906_6 コピー.jpg

 

 

 

 

鈴木さんとお話をしてみて

心から絵を描くことが好きでたまらないのだなと感じました。

鈴木さんの優しさや人柄が絵から滲み出ています。

また、ビックリしたのが、絵の白い部分は塗っているのではなく

もとの紙の色なんだそうです!!(白抜きというそうです)

色の塗るのにも順番が必要ということですね。

計算して描かなければならないなんて

実は芸術と算数(?)にも関係があるのだなぁと驚きました。


 


 

『鈴木義勝水彩画展〜透明水彩絵の具で描く 青森県の四季〜』

96()8() 10:0018:00 ※最終日は16:00まで

3階 ギャラリー3

入場無料 ※販売有り



【芸術の秋】をここから感じてみませんか?

みなさまのご来場をお待ちしております。

フォローよろしくね♪

(はっち広報アカウント)

アーカイブ

Facebook

Twitter