はっちに東京スカイツリー!?

いよいよ5月22日に開業する東京スカイツリー。世界一高い634mの高さを誇る、ギネスにも認定された自立式鉄塔です。
メディアでも多く取り上げられ、東京の新たなシンボルともいえる東京スカイツリーが、なんとなんと!八戸に、それもはっちにそびえ立っているのです!

はっちの正面入り口から入ってすぐ右手に、250分の1スケールのスカイツリーの模型が設置されています。250分の1といっても2.53m。とても高い模型です。

P1130465.JPGのサムネール画像
制作した村上興雄さんは趣味で模型を作っていて、もともとは大工さん。扱いに慣れていたヒバ材でスカイツリーを作ったというわけです。

※ヒバ
やや軽軟で、加工性が良く表面仕上げも良好な木材で、抗菌性のあるヒノキチオールなるものを含んでいるそうです。ヒノキチオールなのに、ヒノキには含まれないそうで...ちょっぴり不思議......

P1130468.JPGのサムネール画像

対象物がない状態でちょっと下のアングルから撮ってみたんですが、まるで本物!ちょっと私の撮影技術不足は否めませんが...(笑)

資料集めに1年、そして制作に1年を費やしたというのだから驚きです。
私は初めて目の当たりにしたとき、あまりの高さと緻密さに「これは作ろうと思って作れるものじゃない!」と吃驚してしまいました。
実は頂部が伸縮可能な独自設計なのですが、これは高さが自宅の天井に達してしまったからだそうです。たしかに、2.53mともなると天井ついちゃいますものね。

はっちには5月6日まで展示しますので、ぜひ見にいらしてください。
東京より一歩お先にスカイツリーを堪能ですね♪

フォローよろしくね♪

(はっち広報アカウント)

アーカイブ

Facebook

Twitter