はっち市出展者紹介<Charlie's Jam>

今春にジャムの製造販売を決めた、青森県むつ市の「Charlie's Jam」。

佐々木翔兵衛さんご夫婦は、即、夕食後に企画会議を始めました。コンセ
プトの設定、それに伴うラベルデザインの考案など。次第に脱線して何の
話だっけ、てこともあったそうで、夫婦ならではという感じです。

佐々木さんの畑には、ラズベリー、すぐり、房すぐりがあり、畑の手入れ
ももちろん行っています。
畑仕事は奥様のほうがベテランなようで、佐々木さんは収穫までの作業を
奥様の指導の下、新鮮な日々を楽しんだそう。

8
月に入り「雑貨屋さんに置かせてもらおう。」を基本に営業活動を開始
しました。どこも一口の試食で即決だったそうで、佐々木さんのジャムが
どんなに美味しいか分かります。

佐々木さんご夫婦の知り合いで、東京のデザイン事務所の経営者や元有名
雑誌の編集長などにも味・デザインともに好評で、少し自信をつけたとこ
ろです。

Charlie's Jam」はまだ始まったばかり。

季節を追って手近で入手できる素材をベースに、夏はベリー類、秋はミン
トを入れたりんごジャム。冬はやはり、りんごをベースに山ぶどう、グミ
など自然の中で人の手が入っていないものも利用してジャムを作っていき
たいと考えています。

       52_blog01.jpg

奥様の興味はジャムだけでなく、ケーキやパンにも広がっていきそう。

「基本はシックで野趣にあふれ、身近な食べ物がちょっと素敵な雰囲気を
出せるように作っていきたい。麻紐、生成りの布、日に焼けた麦わら帽子、
漆喰の壁。そんなものが周りにある心地よさを表現したい。」

と、考えているそうです。

佐藤さんご夫婦のナチュラルな生活が伝わってくるような、そしてなんと
いっても、ものすごーく美味しそうな「
Charlie's Jam」のジャム。

ぜひはっち市でお楽しみください。

フォローよろしくね♪

(はっち広報アカウント)

アーカイブ

Facebook

Twitter