はっち市出展者紹介<北の風陶房>

鈴木ツギオさんと鈴木はづさんは、愛知県立窯業高等技術専門校修了ののち、
1997年「北の風陶房」を開設。

全国各地で作品展を開催しています。

ツギオさんは、細部釉や灰釉、焼き締め、黒釉など料理の映えるシンプルな器、
現代の生活にマッチした器作りを心がけ創作しているそうで、はづさんは、焼
き締めでシンプルな花器や色彩が楽しいカップ等、心豊かな時間を過ごすため
にささやかな提案が出来たら...と思っているとのこと。


焼き締めとは...

一般に陶器はその素地(きじ)に吸水性があり、日常生活では用途が限られる
ために釉薬
(うわぐすり)をかけることが多いのだそう。焼き締めは、硬質で吸
水性が少ないため施釉はしないのが特徴で、古くから急須、茶碗、など様々な
陶器に用いられてきたといいます。

釉薬を使用しないことで、土そのものの特長を生かした素朴で味わい深い仕上
がりになるのだそうです。

06_blog01.png 06_blog02.png

ツギオさんとはづさんの作品は、まさにシンプルだけれど色彩豊か。

ツギオさんの、黒釉のカタチにこだわった食器や花器。

そしてはづさんの、明るい色彩のカップや昨年作った家をキャンドルホルダー
(完成途中)に発展させた作品など、多種多様でありながらどれもこれも人を惹
きつけるものばかり。

06_blog03.png

06_blog04.png

限られたスペースですが、地元の方とたくさん交流出来ることを楽しみにして
いるそうです。「北の風陶房」の楽しく明るい作品をぜひ見にきてください。

フォローよろしくね♪

(はっち広報アカウント)

アーカイブ

Facebook

Twitter