はっち市出展者紹介<八戸南部裂織「たばね tabane」>

 「たばね」は、八戸市内で南部裂織を学んだみなさんで結成されたグループ。
ひとりひとりが、裂織が大好きで、大切に大切に織りあげています。
 南部裂織は、江戸時代から伝わる、機織りの技法による青森県南部地方の織
物で、青森県の伝統文化工芸品。


 地機で織った裂織は丈夫で温かく、カラフルな色合いと複雑な機上げが特徴
です。

 寒い地方の、女性たちの暗い部屋に、少しでも明るい色をという思いやりと、
火伏せの意味もある赤を基調としたこたつ掛けなどから始まったのだそう。

30_blog01.JPG

「たばね」では、生活に使う身近なもの、たとえばコースターやテーブル
センターや、またちょっとしたお出かけ用にトートバックや帽子や帯など、
用途に応じて作品を作っています。

30_blog02.JPG

白石照子さんよりメッセージです。
「はっち市では、裂織満載、裂織バクハツしております。ぜひおいでくだ
さいませ。」

フォローよろしくね♪

(はっち広報アカウント)

アーカイブ

Facebook

Twitter