ストリートキャンバスライブ~「(仮称)八戸市中心市街地地域観光交流施設」の建設用地仮囲いに絵をかこう~のご報告

平成20年6月に行われました、ストリートキャンバスライブ~「(仮称)八戸市中心市街地地域観光交流施設」の建設用地仮囲いに絵をかこう~についてご報告します。

日時:平成20年6月29日(日)
会場:(仮称)八戸市中心市街地地域観光交流施設前 仮囲い
参加者数:70名
スタッフ数:22名
作家:市内アーティスト(河合規仁氏・丸谷匡慶氏・黒潮書道会の皆様・ポール佐藤氏)

建設予定地の無機質な仮囲いを、市内アーティストと市民の手によりキャンパスとして再生させました。にぎわいストリートフェスティバルの日程に合わせて行ったことで、絵を描くという行為を市民に見てもらい、ライブそのものが目を引き、施設自体の周知活動に繋がりました。また、市内で活動しているgg-8さんのゴーヤカーテンを設置したことにより、夏の間は街なかで緑を楽しむことができました。
e5a3813
設置前の準備。作業アシスタントとして八戸工業大学・八戸高専・弘前大学学生の皆さんが活躍しました。
e382b4e383bce383a45
この後、ゴーヤはぐんぐん育っていきました。

フォローよろしくね♪

(はっち広報アカウント)

アーカイブ

Facebook

Twitter